スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞ実用心理学!

2006-07-23

Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 男性用トイレ“こぼれ”防止 シール狙い的中

10日ばかり自宅のパソコンが危機状況にあり、
書き込む余裕がありませんでした。
Yahoo!ニュースへのリンク(いずれ消えてしまう)なので、
全文引用します。長いですがご了承下さい。
777seal2.gif

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 快適な生活のために
ジャンル : ライフ

旧盆明けて反省の弁

2006-08-23

お盆はよく呑みよく宿になり、よく眠りこけました。
おかげで腰痛がちな腰の具合がよくなったり、
最近忙しさにかまけて気づき損ねていたことにアーハ!体験をしたり、
思わぬ副産物にひとりニヤけています。
(気持ち悪いけど、ほっといてください)

これもそのうちのひとつ、反省の弁。
日本水準原点標庫

続きを読む

関連記事

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

ストレートとは変化球である

2007-02-22

変化球の謎に迫る

こんばんは、ネット漂流してたら面白い記事に出会ったのでブックマーク。

アメリカに渡った松坂が投げると言われている「ジャイロ・ボール」の話題を
追っかけてたら、
ここにたどり着きました。
実際まだよく読んでないけど、けっこうが深そうです。

ストレートとは変化球である、とか、
フォークボールは落ちてない、とか。

よかったらじっくり読んでみて下さい。
私より先に・・・
よかったらFC2 Blog Rankingポチッとお願いします

魔球をつくる
関連記事

テーマ : どういうことだ?
ジャンル : ニュース

飽きて疲れるまでどうぞ

2007-06-23

Tag : アーハ! プチ

スラッシュドット ジャパン | いくら潰しても減らない「プチプチ」発売予定
∞プチプチ

試してみたいです。
もう少し一面に広がっていると気合入りそうでいいなあ。
値段はお手頃みたいです。
よかったらFC2 Blog Rankingポチッとお願いします

関連記事

テーマ : あなたの人生を変えてみませんか?
ジャンル : ビジネス

毅然と下手に出る

2007-08-19

関根 眞一「となりのクレーマー―「苦情を言う人」との交渉術」(中公新書ラクレ 244)
となりのクレーマー

久しぶりに本の感想をば。
本を買ったのも久しぶり。
ブログ書くのも久しぶり。

最近流行りのモンスターペアレントならぬ、
モンスタークライアントに対応した
記録とノウハウが活き活きと描かれてます。
時折はさまるコラム欄には
歯科医院や開業医に対するアドバイスが書いてあります。

続きを読む

関連記事

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

日暮里で見かけましたよ

2007-10-20

Tag : アーハ! テク

ガムテープで案内文字を作る佐藤修悦さんと修悦体・修悦文字について トリオフォー[34]
修悦体

半年も前ですね、GWに一人で出かけるとこなくて、舎人公園を放浪してきたのです。
そうだ日暮里から新しい電車に乗ろうと思って、
行ってみたら開業は平成20年3月30日からだった。
気を取り直して近くの立ち食い蕎麦を制覇した。
結局は都バスで公園まで。

続きを読む

関連記事

テーマ : クリエイティブなお仕事
ジャンル : 学問・文化・芸術

ピタゴラショッピング、面白かったです。

2007-11-25

Tag : アーハ! ウェブ

ピタゴラショッピング

ふだん家にいない時間帯なので見たことがなく、
全く知りませんでした。
このブログに立ち寄られた風来坊さんのブログへのリンクです。
楽しめました。
こちらからも見れます。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 その他日記ブログ うんちく・小ネタへ
関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

そろそろ森へ還る、かな

2007-12-02

Tag : アーハ!

田中淳夫「森林からのニッポン再生」平凡社新書

森林からのニッポン再生

大学でも林学を専攻した森林ジャーナリストとのこと、
田舎暮らしを始める人へのアドバイスや、
環境問題に関する一般常識の誤解を解くような
啓発の書をいくつもものしておられるようです。

・江戸時代ははげ山が多かった
・戦後の植林で今の日本の緑化が進んだ
・人工林やゴルフ場は植物種も生物相も豊富

続きを読む

関連記事

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

アタマすっきり。

2007-12-08

山本貴光+吉川浩満「心脳問題―「脳の世紀」を生き抜く」朝日出版社

心脳問題―「脳の世紀」を生き抜く

いい本に出会いました。
の働きに関する疑問をすべからく脳に帰する
安易な解説の流布について、
丁寧にかつ軽妙に
批判的に検討・解説されてます。
読み進むほどにアタマすっきり。
哲学を専門としていないからこそ整理して語れる、
そんな強みと感性を感じました。

続きを読む

関連記事

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

ポストモダンを論じる視点

2008-01-12

東浩紀「動物化するポストモダン-オタクから見た日本社会」講談社現代新書

動物化するポストモダン

図書館から借りた本は少し体裁が古いですが、
その分、発刊が少し前だという証拠になりました(2001年初版)。
大塚英志という人のオタク論を鋭い分析と理解だと思っていましたが、
しばらく溺書を怠けていたら、面白い本が出てました。
大塚英志の本は冷やかで距離のある分析に思えましたが、
東浩紀の分析はサブカル・オタク・ポストモダンのインサイダーが
親しみのある世界を分析理解しようとしているような感覚があります。
温度を感じると共に時代感覚を生き抜いているドライブ感がしました。

続きを読む

関連記事

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。