スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体性を「語る」難しさ

2006-08-04

Tag : 屈託 女性

三砂ちづる「オニババ化する女たち―女性の身体性を取り戻す」(光文社新書)
オニババ化する女たち

前から読みたくて気になってた本です。
ブックオフの100円クーポンが余ったので喜び勇んで買いに行ったら
それだけでは買えなくて敗退。
融通の利かない子どものお遣いみたいですが
悔しいのでやめました。

その後地元の図書館のWeb予約サービスで待ち行列に並び
3カ月たってやっと回ってきました。

いいなあ

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自分らしく
ジャンル : 心と身体

やせすぎモデル反対!

2006-09-09

Tag : 屈託 女性

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 【こぼれ話】やせすぎモデルはファッションショーへの出演禁止=マドリード

Yahoo!ニュースからのトラックバックのため、
冗長ですが全文引用します。ご了承ください。
やせすぎモデル

続きを読む

関連記事

テーマ : 摂食障害
ジャンル : 心と身体

殊更に騒ぎ立てるつもりはありませんが

2006-11-18

Tag : 屈託 女性

asahi.com:「日本で強迫観念に」 ブラジル人モデル、拒食症で死亡-国際

やせすぎモデルに関して、第二弾です。
他の記事もありましたが、見えた中では一番詳しかったので、
上記の記事を参考にさせて戴きます。
新聞系列サイトの報道なので、引用します。
ご了承ください。

続きを読む

関連記事

テーマ : 摂食障害
ジャンル : 心と身体

おデブが感染るしくみ

2007-07-29

Tag : 小ネタ

小銭マン

アメリカ・ハーバード大学の研究チームによる発表だそうです。
(もう少し詳しい記事はアサヒ・コムにもあり)
家族内連鎖については、なんだか分かる気がします。
子どもの運動会に行くと、一家揃ってがっつり食べてるなあ、という印象をもつ
御一同様に出会うことがよくあります(あとファミリーにウケる焼肉屋とか)。
遺伝的要素と生活習慣の両方が関わっている分、関係は強そうです。

ただ、友人とまでなるとどうかなあ。
特にBMI30以上の人たちの連鎖って。
「OREO」デブルバニラクリーム味

続きを読む

関連記事

テーマ : メタボリック・シンドローム
ジャンル : ヘルス・ダイエット

からだに訊く生きかた

2008-03-16

奥谷まゆみ「おきらく整体生活」ちくま文庫
奥谷まゆみ「女力は骨盤力」主婦と生活社
奥谷まゆみ「おきらく整体生活」奥谷まゆみ「女力は骨盤力」

八王子で「からだクリエイト きらくかん」という治療院を開業しているとのこと、
とても元気な先生が書かれた本で、
読んでるだけでも元気になってからだが楽になるような、本2冊、
これも一緒に予約してきて読みました。
「女力は骨盤力」(おんなぢからはまたぢから、と読むそうです)の方は
本も大っきいですし、電車内で読む勇気が出なかったので
家でぱらぱらめくった程度ですが、
色々と自分でも試してみたいものばかりです。

21世紀はからだの時代だと私は勝手に思っているので、
自由でおしゃべりなからだを取り戻し、保つために、
色々な工夫を読んだり試したりしたいと思います。
きっと女性のからだの方がバランスを保つには難しくてややこしいのでしょうが、
よくなると実感が分かりやすいのも女性の方ではないかと思いました。
施術する先生も楽しいのではないでしょうか。

目を使いすぎると骨盤の動きが悪くなって、
春になっても骨盤がゆるまないと、花粉症が悪くなる、とか。

続きを読む

関連記事

テーマ : マッサージ、整体、鍼灸など
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ぎこちない感想

2008-06-08

Tag : 屈託

内田樹・池上六朗「身体の言い分(からだのいいぶん)」(毎日新聞社)
「身体の言い分」
そんなに凝ってるわけでもないですが、
思想家で武道家の女子大教授と、
航海士、金属工学技師を経た整体の先生の、
放談集を今度は読みました。

後半ちょっとお酒が進みすぎたのか、
内田先生が好きなことをしゃべって、
池上先生がそれを受け止める、というスタンスに決まってしまい、
対談、という感じでなくなってきたのが、ちょっと残念でした。

読んでる分には面白かったのですが、
うさんくさい私は最近、
この辺のことをブログにどう書こうか、
と考えながら読んでます。
そうやって読んでることに気づいたら、
よりぎこちなくなって、中身に集中できなくなりました。
残念。
気づいた方がよかったのか気づかない方がよかったのか、
いずれにしてもまともな感想が書けなくて、失礼します。
まあ、元が元ですから、たいした違いはないかもしれませんが。

私が伝えきれないことを補足するため、
お二人の運営するサイトを紹介しておきます。
池上先生の整体に関する考え方は、
これを読んでちゃんと理解しようとしないと、と思ってます。
内田樹の研究室
三軸修正法
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

無駄な力が抜けて動作を行える、心地よさ

2008-06-29

Tag : アーハ!

甲野 善紀「古武術に学ぶ身体操法」(岩波アクティブ新書)
「古武術に学ぶ身体操法 」
「古術」という言葉のイメージから、
伝統と思想に裏打ちされた
難しい表現の思想や背景が出てくるかと構えていましたが、
まったくそんなことはなかったです。
を無理に使わない方法を日夜探求されている実践者による、
率直な指摘と提言に満ちた本でした。

巨人にいた桑田投手への指導、
桐朋学園高校バスケットボール部への指導、の実例を通して、
日本古来の合理的なの使い方のエッセンスを
指導した結果の手応えが書かれています。
明治になって普及した「道」「軍事教練」、
西洋から入ってきた「育」「スポーツ」の浸透によって失われた、
それ以前の「自然な動き」を指導することの難しさについても
書かれています。

続きを読む

関連記事

テーマ : 自分にできる事から
ジャンル : 心と身体

階段はナンバ歩きで昇り降り

2008-06-29

荻野 アンナ、甲野 善紀「古武術で毎日がラクラク!-疲れない、ケガしない「体の使い方」」 (祥伝社)
「古武術で毎日がラクラク!」
2冊続けて、さして間を置かず読みました。
満員電車を降りると肩か腰がバリバリになっていることが多いです。
電車内でこのテの本を読みながらもぞもぞしているだけでも、
硬直した姿勢を保たずに済むので、
すでに御利益充分です。

荻野アンナ教授の文章とネーミングがひとつひとつ面白く、
を力学的に無理なく使うヒント満載です。
肩こり対策はどれも役に立ちそうですが、
見開き2ページで次々に出てくるので、
次々ためしたくなります。

電車を降りて階段を昇り降りするときに
「なんばき」を試してみました。
最初は慣れないので、草履履いて和服着て、
内股で階段を降りているような感覚になりました。
階段を降りきると腰痛持ちの私には
その結果がとても心地よいです。

続きを読む

関連記事

テーマ : 健康第一
ジャンル : 心と身体

粉がなくなったのでビンを希釈しないと

2008-07-14

CMが新しくなって、パッケージが変わって、
よりすっきりした印象の
サントリーの機能性飲料DAKARA(ダカラ)ですが、
それまでは1リットル用のパウダーが5個パックで売られていて、
スーパーやネットショップを探すと、
そこそこ値崩れしていてお得だったんです。

でもリニューアルと同時にパウダー製品が
ラインナップから消えました。
ホームページのお尋ねコーナーに確認のメールを送って、
ご担当から回答ももらったので、ホントです。

もともと粉だと、薄めて飲むにも便利なんですよねー。
2リットルのPETボトル(使用済み)に入れて、
夏なら水を2リットル近く、それ以外なら1.5リットル入れると、
ちょうどいい感じでした。
今後は2リットルビンを大量に買ってきて、単価を下げないと。
味はボトル製品の方がすっきりしてます。
パウダー製品だとグレープフルーツの香りがほとんどしません。
ゴミが増えるけど我慢しないといけませんね。
ネットと近所のスーパーとどっちが得か、
情報集めしてみます。
ダカラ図
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 その他日記ブログ うんちく・小ネタへ人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ライフ

気が小さい方がお気の毒

2008-07-19

健康問題の記事もよく登場するGarbagenews.comさんへのトラックバックです。
積極的な男性ほど心筋こうそくのリスクが低いでござる:Garbagenews.com
「せっかち」
「怒りっぽい」
「競争が強い」
「積極的」
と自分で思っている人よりも、
そう思っていない人の方が、
症・筋こうそくといった臓疾患にかかるリスクが高い、
という研究結果が出たそうです。
10年位かけて経過を追っかけた研究だそうなので、
ある程度の信憑性は保障されるのでしょう。

モーレツ型行動パターン、といっても、最近は通じなくなってきましたが、
そういう行動パターンの人の方が心臓疾患になりやすい、というのが、
アメリカのストレス研究者の提唱した、有力な説でした。
普段の行動と病気の発症との関係を、きれいに示した画期的なものだったのですが、
日本では同じ仮説が適用できないのかな、という問題提起のようです。

考察は、データに基づいた分析というよりは、
想像による解釈という感じなので、科学的ではありませんが、
積極的な行動をとる人の方が発散をうまくしてるからいいんだろうと、
結んでます。

翻せば、気が小さい方が何事も損だということでしょうか。
タバコすったり酒のんだり、身に悪い行動パターンをとっている人の方が、
病気の発生リスクが低かった、ということになります。
健康に気をつけなきゃいけませんよ、と言われて、
ハイと素直に言うこと聞いて、タバコもやめ、酒も我慢して、
ストレスためたら具合悪くなっちゃった、って人もそこそこいるってことでしょう。
好きなように生きた方がいいってこと?とまでは思いませんが、
あまり素直に人のいうことを聞きすぎるのも考えものだなあと思います。
長生きするのも簡単じゃないですね。

研究計画の限界として、都市部の集団がほとんど含まれていません。
10年も追っかけきれないからしかたないのでしょうが、
全国津々浦々で調査したらどういう結果になるのか、興味をもちました。
超モーレツ!リカちゃん
元の研究発表は以下のリンクです。
JPHC > リサーチ・ニュース >タイプA行動パターンと虚血性心疾患
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 健康ブログ 心と体へ人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。