スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非破壊検案のすすめ

2010-12-29

Tag :

海堂尊「死因不明社会」(講談社ブルーパックス)
死因不明社会
「チーム・バチスタの栄光」は
見ても読んでもいませんから
ピント外れの可能性があります。
著者のネームバリューと題名のインパクトに惹かれて
図書館の予約コーナーで手に取りました。
心不全とか多臓器不全とか、
はっきりしない死亡診断をよく聞くのは
個人情報を秘すためかと思ってました。
この本を読むと
はっきりしない時にちゃんと調べるしくみが
機能してないことがよく判りました。

旧友の勧めでを昔に読んだので
東京に監察がいることは知ってました。
その後、各都道府県に
監察制度が広まる動きがなかったのは
ちょっとした驚きです。
この本によると官僚の怠慢だそうです。
ホントかな。
いずれにしても儲かる話はどこにもないので
解剖を本業とする先生方以外には
積極的にどこも言い出さなかった、
ということなんだろうと思いました。
あと考えられるのは
警察との力関係の影響でしょうか。

解剖率が低いのは事実としても
ただ単に解剖を増やすのではなく、
画像診断を駆使して解剖の必要なケースをきちんと見極め、
必要であればご遺族に了解をとって行うという、
制度はとてもすてきです。
大量のデータを日本中で共有すれば
ハイテクな病理診断システムも構築可能です。
CTやMRIが増えて
療機関がネットワークで結ばれるようになって
すてきな制度をつくる素地が
日本中に整ってきたのでしょう。

師からいきなり解剖を提案されると
自分が遺族なら身構えると思います。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。