スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここに腹あり、青い空

2006-05-05

Tag : 小ネタ

「ビール腹」って実在するのか? | Excite エキサイト : ニュース

いい季節です。ふだんより更にビールが進みます。
第3のビールを増税前に少し買い足しておいたけど、減りが早いです。

まだ20代の頃、近所にいきつけの喫茶店があって、塾講師のバイト帰りによくいきました。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : メタボリック・シンドローム
ジャンル : ヘルス・ダイエット

おデブが感染るしくみ

2007-07-29

Tag : 小ネタ

小銭マン

アメリカ・ハーバード大学の研究チームによる発表だそうです。
(もう少し詳しい記事はアサヒ・コムにもあり)
家族内連鎖については、なんだか分かる気がします。
子どもの運動会に行くと、一家揃ってがっつり食べてるなあ、という印象をもつ
御一同様に出会うことがよくあります(あとファミリーにウケる焼肉屋とか)。
遺伝的要素と生活習慣の両方が関わっている分、関係は強そうです。

ただ、友人とまでなるとどうかなあ。
特にBMI30以上の人たちの連鎖って。
「OREO」デブルバニラクリーム味

続きを読む

関連記事

テーマ : メタボリック・シンドローム
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ああ、だからメタボなのか

2008-04-12

Tag : アーハ!

肥満防止には1時間長く寝ることが必要かもしれません

GIGAZINEさんの記事によると、

フランスの研究で、いつもより1時間長く寝ることが肥満防止につながるかもしれないことが明らかになりました。また、睡眠不足の場合、どうしても太りやすくなってしまうとのこと。

夜更かししがちで太り気味な人は、生活スタイルを改める必要があるかもしれません。


とのこと。
ああ、だからメタボなのか。

科学的な説明には思い至りませんでしたが、
実感としてはそう思っていました。
睡眠不足だと腹が減るので普段より沢山食べたくなる。

これは睡眠とホルモンに関連があることを受けてのことで、1日4時間の睡眠を2日繰り返した睡眠不足状態の場合、食欲を抑制するホルモンである「レプチン」が18%減少する一方で、食欲を増進させるホルモン「グレリン」が28%増加するとのこと。


リミッターは外れるわ、回転数は上げるわ、では
どうやっても欲求に勝てないわけだ。

そういえば、うちの家族には
とてもよく寝るし、すっきりやせてる人がいます。
そういうことか。
今回はふたつ納得しました。
「おやすみ、クマちゃん」
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 その他日記ブログ うんちく・小ネタへ人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 健康第一
ジャンル : 心と身体

やっぱりアメリカときたら・・・

2008-08-30

Tag : 小ネタ

2008年度版アメリカの肥満人口を表した地図
GIGAZINEさんの少し前の記事(7月4日発信)をみつけました。
見逃してました、貴重な記事です。
トラックバックアドレスが表示されないので
リンクできませんでした。

予想はしてましたが、
それ以上に確実にアメリカの人は満になっていて、
しかもその割合が増えているようです。
一番少ない州でも18.4%、多い州では31.6%というから
たいしたもんです。
基準をどこで切っているかわからないので
日本とは一概に比べられないのですが、
都道府県別ランキングはAllAboutの記事にありました。
あれ、日本の人の方が太っているのかなー。
うさんくさくてすみません。
もう少し詳しいことが分かったら
情報の補足をしたいと思います。
アメリカ肥満人口地図2008(クリックで拡大表示)
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 健康ブログ 心と体へ人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

もっと詳しいおデブの比較

2008-09-07

Tag : 小ネタ

【すごいぞ日本】ファイルVII 食は和にあり(4)
という「イザ!」の記事に、詳しい比較が出てました。

 経済協力開発機構(OECD)がまとめた主要30カ国の15歳以上の満率によると、BMI(重を身長の2乗で割った値)が30以上の「満」人口のトップは米国の32・2%。日本は韓国と並び最も低い3・2%。米国の約10分の1とけた違いの少なさだ。


「過重」というのはBMIが25~30未満なんだそうです。
そっちで比べると先進諸国の間では
それほど大きな差はないんですが、
さすがアメリカ!と改めて思うのは、
満と過重を足すと66.3%の国民が太ってる方に入ってる、
そういう計算になります。
グラフも出てたので載せときますね。
主な国の肥満・過体重人口の割合(クリックで拡大表示)
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 その他日記ブログ うんちく・小ネタへ人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

戦争の民営化と派遣は、やめとこう

2010-03-07

堤未香「ルポ貧困大国アメリカ」(岩波新書)
「ルポ貧困大国アメリカ」
もっと早く読んだら
考えをまとめる手がかりになったかもしれません。
予約の順番待ちも影響してましたが。
読み通してみると
断片的な情報やそこから漠然と考えていたことが
はっきりとまとまりました。
データとインタビューに基づいて構成された
ダイナミックなレポートなので、
その迫力もかなりのものです。
9・11を自ら体験したと著者紹介にありました。
迫力の源かもしれません。
新自由主義の台頭から始まった
過激なアメリカの変化を
著者ならではの視点から活写してます。
本物の目次と章立ては
「404 Blog Not Found」さんの記事にあります。
トラックバックもさせて戴きました。

・英語をしゃべれない不法移民に家を売りつける
 サブプライムローンが困ビジネスの問題でもあるそうです。
 返せなくなるのも分かっていて売りつけるのは
 人種問題でもなくて、
 弱者は人でもなんでもないという
 本来の自由主義の考え方そのものです。
 南北戦争のころの対立は、
 ヒスパニックの人を巻き込んで
 そのままアメリカに息づいてる気がしました。

困児童に満が多いわけ
 普段の食費にも学校給食費の支払いにも困る貧困家庭には
 満児がとても多いそうです。
 無料-割引給食制度で提供されるのは
 ジャンクフードの連続です。
 メニューの例も載ってます。
 安いのは大量生産されたジャンクフードばっかり、
 という状況はもう日本にも入ってきてますね。
 昼御飯買ってくるのに、
 コンビニでもお弁当屋さんでも
 ちょっと多めにお金を出せばヘルシーな食事にありつけますが、
 なるべく安く済まそうとしたらたちまち
 カロリーばかりで栄養素の足りない食事の連続に転落します。
 勝ち負けの格差がもともと大きいアメリカで
 もうそうなったら這い上がれないのは
 日本の比ではないのがわかります。
 「腹のつき出た貧しい人々」が確実に増えているのを知って、
 インテリ・高所得者層が満におびえて切り捨てる
 もう一つの理由がわかった気がします。

・ハリケーンで壊滅に陥ったジャズの聖地の復興
 FEMAという防災対策の専門機関が民営化され
 効率重視と予算削減で機能を失った結果、
 ニューオルリアンズは町の形を失い
 人災といってもいい状況になってしまったんだそうです。
 復興は経済活性化政策の名の下に
 貧困地域の削除・民族浄化の狙いを
 着々と進行させたそうです。
 それなら不法難民を受け入れなければいいのに
 と思いますが、
 統計上の少子化対策にもなってると
 別の章に書いてありました。
 ちゃんと実利をとる裏付けがあって
 いかにもアメリカらしいです。
 日本のマスメディアにはちっとも載らないけど、
 憎しみと軽は地下水脈のように
 流れているんだと改めて感じました。

・病気になって会社を辞めたら借金まみれになるしかない
 あらゆる方向から借金まみれになる弱者が出てきます。

続きを読む

関連記事

テーマ : 貧困問題
ジャンル : 政治・経済

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。