スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トッドさんを肴に日本を語る

2009-11-14

Tag : もぞもぞ

エマニュエル・トッドほか
「「帝国以後」と日本の選択」(藤原書店)

「「帝国以後」と日本の選択」
図書館で関連した棚をひやかしたら
トッドさんの原著はなくて。
でも損はしなかった感じです。
少し前に書いた溺書ノートの引き続きですが、
今回は左なのか右なのか
はっきりとは判りません。
少なくとも
スポンサーがつかないと成立しない
最近のメディアには、
なかなか登場しないような人が満載です。
画像を拡大しても
表紙の記載が読めないようなので、
冗長ですが書いてみます。
飯塚正人 池澤夏樹 井尻千男 伊勢賢治 小倉和夫
佐伯啓思 榊原英資 高成田享 中馬清福 西部邁
濱下武志 三木亘 武者小路公秀 養老孟司
・・・中にはテレビに出るコメンテーターもいますね。

インタビューとシンポジウムと
その結果を踏まえて
日本人の客たちが言いたいこと言ってます。
トッドさんといっしょ、って感じです。

トッドさんはアメリカが大嫌いな人ではなかったです。
ヨーロッパが大好きな人でした。
9・11を機にアメリカがダメになっちゃうから、
ヨーロッパがその分がんばります。
イギリスはまだ仲間になってないけど、
フランスがドイツと組めばヨーロッパはけっこう大したもんだし、
さらにドイツとロシアが組めば
いつまでもアメリカの好きなようにはさせておかないもんね、
って感じです。
日本も一緒に組まない?って言ってくれてます。
でも、アメリカからは自立しないとね、って感じで冷やかです。
そのためには抑止力としての核は持たないとね、
とまでは言いませんが
なんか言いたげです。
さてさて日本はこれからどうしよう、って感じで話が続きます。
そうなるとみんな好き勝手なこと言ってる、
という展開になりました。
結局トッドさんは酒のなんだね。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本の未来
ジャンル : 政治・経済

問いを共有するメディア力

2010-04-07

Tag : アーハ!

山田ズーニー「あなたの話はなぜ「通じない」のか」(筑摩書房)
「あなたの話はなぜ「通じない」のか」
いつもいっつも図書館で借りて読んで
年に1冊か2冊は
改めて買い直して
手元に置いておきたくなります。
久々にその位引き込まれる本に遇いました。

高校生に小文の書き方を教える仕事から
発想が広がった、
理と共と信頼を伴ったコミュニケーションのとり方を
等身大の言葉で語りかけてくれます。
こちらのセンスの問題か、
読んでいる間は著者が女性であることを
思い浮かべられませんでした。
確かに相手の気持ちの読み方は
秘書のセンスにつながるところがあります。
理解した中身を示す理性や表現の明晰さも
同じ路線を踏襲している気がします。

メディア力、という言葉には戸惑いましたが、
勝手なこだわりがあるので。
派手な意味ではないパフォーマンスのセンス、
と言い換えてみます。
見え方を意識した見せ方、
伝わり方を意識した伝え方、
ってじです。
組織で働く上では必須だと思うので、
知り合いの若者や子供に
この本の存在を教えてあげたいじです。

会話の中で相手の問いを発見しそれを共する、
すぐにできれば何回も会わなくても
信頼したり信頼を得たりできる、とは

続きを読む

関連記事

テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

気分で乗せられる議論

2011-01-29

飯田泰之「ダメな議論
 -論理思考で見抜く」(ちくま新書)

論理思考で見抜く
ロジカルシンキングをビジネスに応用、
というテーマの本を何冊か素通りしました。
頭のザルの編み目が粗いようで
あまり残ってるものがありません。
本格的な理トレーニングは必要だと思いました。
そのための本は途中返却してるので
またリトライしようと思います。

今回は主にメディア上の言説をとりあげて
いかに理的でないかを説明しようと試みた、
勢いのある本です。
あちこちのブログで書評があがってるので
あまり付け足すことはないのですが、
コンパクトに議論をまとめることの怖さを
改めて感じました。

タイトルだけで読ませるブログも増えてますね。
中身にあまりがっかりしてない自分に時々気づきます。
それくらいうまく乗せられてるってことでしょう。

経済学の議論は、そもそも言葉の定義が
理論的な立場によって違ったりしてます。
どの定義に基づいて論を展開しているかに
敏感になるのでしょう。
そのセンスがクリティカルな内容の検討に
役立ってるんだろうと思いました。
・・・基礎のない私には、
その指摘すら時々うさんくさく思えてしまいます。
ダメな議論に比べ
いかにダメじゃない議論が難しいかということなのでしょう。

あとはなんといってもコールドリーディングの技法の魅惑です。
背景にある「ふんいき」に近い心理を読んで
違和感のない論を展開し、
ここちよく納得させてしまう技術が広まってるようです。
政治家や経済ジャーナリストがそれを使うのは
商売だからしかたないですが、
学者が使っちゃ、自ら存在を否定してることになるのでは。
その辺りをばっさり切る著者の論調は心地よいです。
こっちも切られる小気味よさがあるので
読んでみてよかったと思います。

続きを読む

関連記事

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

「甘え」に甘えない

2011-05-08

土居健郎・齋藤孝「「甘え」と日本人」
(角川oneテーマ21)

「甘え」と日本人
亡くなられたことをきっかけに
補稿がついて新書になったのを
最近やっと知って手に取りました。
誰もが「読みました」と言いつつ
ちっとも理解されずに広まってきた
深い考察を、
この聞き手ならばとちょっと期待して
久しぶりに深く味わうきっかけに
させてもらいました。

「甘え」とカッコつきで書いてない考は
だいたい間違ってます。
日本人に広げた時点で、
もう土居先生の使うことばの意味の範囲を離れて
甘えることや日本人の甘えを非難する
恰好の道具に使われていて、
読むだけの私は
いつも独りで悲しい思いをしてきました。
『あ~また間違ってる』

新聞記事で「甘えの構造」とくくって
糾弾のキーワードに使う常套手段には
譲歩するとしても、
日本人に「甘え」概念を引用してる人にだって
引用者の考えをがしがし忍び込ませて
さも土居先生がそう言ってたかのように
無自覚に使ってる社会的文化的考察の
なんとも多いこと。

先生はそれらを甘やかして下さっていたのか、
聞けるものなら伺ってみたいと
常々思ってました。
・・・個人的なつながりはどこにもないので
勝手に私がそう思ってただけですが。

聞き手が持を沢山しゃべりたくなる
ふしぎな魅力がきっと
先生にはおありなんでしょう。
もともと独自の視点とことばと
考察をもっている聞き手が先生の話を聞いているので、
やっぱり後半は齋藤先生の持
土居先生のぶれない話とが
どんどんかみ合わなくなっていき、
選局の違うラジオを向かい合わせに置いたような
対談なのに百家争鳴
の状態になりました。
ショックと軽い不満と
ま、いっかと思う苦笑いのようなじと
両方を余韻として引きずりながら
本を閉じました。
やっぱり土居先生はすごい先生でした。

名著「「甘え」の構造」への言及を含めると
紹介しきれない程の引用ページが
ウェブにありました。

続きを読む

関連記事

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。