スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

階段はナンバ歩きで昇り降り

2008-06-29

荻野 アンナ、甲野 善紀「古武術で毎日がラクラク!-疲れない、ケガしない「体の使い方」」 (祥伝社)
「古武術で毎日がラクラク!」
2冊続けて、さして間を置かず読みました。
満員電車を降りると肩か腰がバリバリになっていることが多いです。
電車内でこのテの本を読みながらもぞもぞしているだけでも、
硬直した姿勢を保たずに済むので、
すでに御利益充分です。

荻野アンナ教授の文章とネーミングがひとつひとつ面白く、
を力学的に無理なく使うヒント満載です。
肩こり対策はどれも役に立ちそうですが、
見開き2ページで次々に出てくるので、
次々ためしたくなります。

電車を降りて階段を昇り降りするときに
「なんばき」を試してみました。
最初は慣れないので、草履履いて和服着て、
内股で階段を降りているような感覚になりました。
階段を降りきると腰痛持ちの私には
その結果がとても心地よいです。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 健康第一
ジャンル : 心と身体

無駄な力が抜けて動作を行える、心地よさ

2008-06-29

Tag : アーハ!

甲野 善紀「古武術に学ぶ身体操法」(岩波アクティブ新書)
「古武術に学ぶ身体操法 」
「古術」という言葉のイメージから、
伝統と思想に裏打ちされた
難しい表現の思想や背景が出てくるかと構えていましたが、
まったくそんなことはなかったです。
を無理に使わない方法を日夜探求されている実践者による、
率直な指摘と提言に満ちた本でした。

巨人にいた桑田投手への指導、
桐朋学園高校バスケットボール部への指導、の実例を通して、
日本古来の合理的なの使い方のエッセンスを
指導した結果の手応えが書かれています。
明治になって普及した「道」「軍事教練」、
西洋から入ってきた「育」「スポーツ」の浸透によって失われた、
それ以前の「自然な動き」を指導することの難しさについても
書かれています。

続きを読む

関連記事

テーマ : 自分にできる事から
ジャンル : 心と身体

がんばれビルゲイツ

2008-06-27

トーイチャンネット~クールな時事ネタ~さんの紹介からたどり着きました。
がんばれビルゲイツ
ビルゲイツ本人がマイクロソフトに苦情、Windowsの使い難さはどうにかなりませんか?
2003年に当時会長だったビル・ゲイツ氏が、
Windows Moviemakerを簡単にダウンロードできなくて、
イライラして、
実際たくさん時間がかかって、
マイクロソフトの幹部社員に苦情メールを書いていた、
という話です。

ほんとかどうかはわかりません。
よくできたアメリカン・ジョーク、という気もします。
他人事とは思えないので、ご紹介してみました。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 その他日記ブログ うんちく・小ネタへ人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

麻雀で科学してみた。

2008-06-22

Tag : もぞもぞ

とつげき東北「科学する麻雀」(講談社現代新書)
「科学する麻雀」
インターネット雀荘「東風荘」で活躍した
通信工学・情報科学専攻の大学院生が、
統計モデルとシミュレーションを駆使して
を科学してみるとこんな本になる、
という、よいお手本のような本でした。

場面・状況に応じて、
リーチかダマテン狙いか、
勝負か打ち回し(良形待ち)か、
ツッパリか強打かベタオリか、
巡目と他家(メンバー)の出方・点差を考慮して、
その時点での期待値をベースに作戦を決める、
という、
確率論に忠実な戦法だと思いました。

続きを読む

関連記事

テーマ : 麻雀
ジャンル : ギャンブル

実はこれ、経験ありまして。

2008-06-20

Tag : もぞもぞ

またもやGarbageNews.comさんの記事、
「築12年」実は築29年でした・公取委がエイブルに排除勧告
へのトラックバックです。

今の住まいの前のところを捜してたとき、
同じ業者さん(支店は違うところでしょう)から居丈高に、
「ほんとにこんな物件あると思ってんの」
「これは何でここに出てるかって言うと、住んでた人が自殺したの。
そんなとこ、ほんとに住みたいの?」
と言われました。
急に態度が変わったから、怖いというよりは度肝を抜かれた感じ。
それ以来そこの紹介物件は一度も参照してませんが、
まだやってんだ、と思いました。
もう10年以上前の話です。

今みたいにブログ立ててたら、すぐ書いちゃったかもしれませんね。
エイブル・姉燻る
そんときはほんとに(って何度も言われましたが)
こっちも頭に来てたもんで。
おつかれさまです、お互いに。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 その他日記ブログ うんちく・小ネタへ人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

バーボン用にも、とっといてね

2008-06-14

Tag : アーハ! ウェブ

Garbagenews.comさんの記事、
とうもろこしの生産・消費動向をグラフ化してみる
が、凝っています。内容も充実。
夏休みの自由研究にもそのまま使えそうです
(使ったら盗作だけど)。
アメリカだけどフランスぽい「ブルボン通り」
いわゆる先物取引によって、価格が高騰しているのは
まあ想像の通りですが、
きちんと調べてみるとアメリカは
バイオエタノールの生産に相当力を入れてる
ってことが、はっきり分かるようです。

私の願いはタイトルの通りで、
他にたいした望みもありませんが。
・・・ちょっと酒ネタが増えてきちゃったかな。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 その他日記ブログ うんちく・小ネタへ人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

匿名でこれだけ書くなら何かを変えていただけそうな・・・

2008-06-08

Tag : 屈託

西城有朋「精神科医はなぜ心を病むのか」(PHP研究所)
「精神科医はなぜ心を病むのか」
手に取った時に想像したのは、
精神科医ってこんなに大変な環境で働いているんですよ、という
現状を伝えるルポルタージュのようなものだったんですが、
中身はもっと広範に亙っていて、
しかも書いているのは現役の精神科医とのことでした。
匿名だそうです。
ネット検索してみるとpsychiatrist(精神科医)を
もじったペンネームではないかという
うがったコメントにも出くわしました。

いかにも医療関係者が好きそうな気がする、
知的で皮肉った面白い言葉が出てきました。
QOML(クオリティー・オブ・マイ・ライフ)だそうです。
患者さんのQOLも大事だけど、我々のQOMLはどうなるのかと、
そういう使い方をするんでしょうね。
どの業界にもありそうなジャーゴン、てだけかもしれませんが。

厚生省は医療費削減しか考えていないので、
精神科医療はいつも手薄な環境でしか行えない、
というのは、題名通りの指摘ですが、

続きを読む

関連記事

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

ぎこちない感想

2008-06-08

Tag : 屈託

内田樹・池上六朗「身体の言い分(からだのいいぶん)」(毎日新聞社)
「身体の言い分」
そんなに凝ってるわけでもないですが、
思想家で武道家の女子大教授と、
航海士、金属工学技師を経た整体の先生の、
放談集を今度は読みました。

後半ちょっとお酒が進みすぎたのか、
内田先生が好きなことをしゃべって、
池上先生がそれを受け止める、というスタンスに決まってしまい、
対談、という感じでなくなってきたのが、ちょっと残念でした。

読んでる分には面白かったのですが、
うさんくさい私は最近、
この辺のことをブログにどう書こうか、
と考えながら読んでます。
そうやって読んでることに気づいたら、
よりぎこちなくなって、中身に集中できなくなりました。
残念。
気づいた方がよかったのか気づかない方がよかったのか、
いずれにしてもまともな感想が書けなくて、失礼します。
まあ、元が元ですから、たいした違いはないかもしれませんが。

私が伝えきれないことを補足するため、
お二人の運営するサイトを紹介しておきます。
池上先生の整体に関する考え方は、
これを読んでちゃんと理解しようとしないと、と思ってます。
内田樹の研究室
三軸修正法
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。