スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「貧困」はあったんだ(今更ながら)

2008-12-28

湯浅誠「反貧困~「すべり台社会」からの脱出」(岩波新書)
「反貧困」
野宿者(ホームレス)支援活動を行うNPO法人
「自立生活サポートセンター・もやい」を主宰する
著者による本です。
今の日本が
一度落ちると止まらない「すべり台社会」である現状を
実際の支援活動と
そこから得られるキーワードを基に
がっちり描き出してました。

社会という表現には
前から違和感がありました。
同じ世代の中で格が広がってるというよりは、
年配者には蓄えがあって
若輩者は暮らすだけでカツカツという、
世代間の不平等は
確かにあると思ってました。
この本を読むまで知らなかったのは、
日本には
なかなか抜け出せない貧困を
作り出すシステムが
しっかりできあがってしまっているという
現実でした。

著者は草の根の活動をしてますが
いわゆる左翼の活動家とは違います。
最近よくテレビで見かけますが、
非正規用から解された人たちを組織して
にわか組合の先頭に突然立ち上がる人たちは、
私からみると大いにうさんくさいです。
社会正義を名乗りながらも
(ピンハネしてるとはいいませんが)
そこを生活の糧にしている気がします。
「貧困ビジネス」をしている派遣会社
(の具体例がこの本にも出てきます)ほどではなくても、
分け前に預かってる気がしてしまいます。
(邪推とヤブ睨みだけかもしれません)。
また、今では弁護士も
不遇の人の味方をする人というより
そこにしっかりビジネスがあって
初めて仕事として成り立ってる印象です。
かつての左翼や庶民の味方は
なんだかもう信用できません。
結局目ざとい人がそこに食いついてきて
大きく報道されるきっかけにはなっても、
あまりその実状が大きく変わらないのでは、
という疑念を拭えません。

でもこの本の著者は
ひと味もふた味も違う気がします。
貧困から逃げ出せない人に対して
それは自己責任であるというすりかえを
著者は正面から批判します。
人間関係の「溜め」がない人たちに向けて
(独自の用語です。
 個人的なセーフティネット、といった感じかな)
生活保護受給支援を手がかりとして
生活再建を図るサポートを続け、
近年では
たすけあいネットワークを作ることに成功したようです。
また、生活保護が
国としての最低生活費を保証する制度になってないだけでなく、
そのレベルよりも低い収入で生活している人がいるという事実を基に
総費用を抑制しようとする行政の道具に使われている、
という事実を指摘し問題提起を各地で行っています。
とてもたのもしいです。

小泉改革によって格社会が作られたような
報道もありますけど、

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワーキングプア(働く貧困層)
ジャンル : 政治・経済

新年会にも備えます

2008-12-27

Tag : 小ネタ

二日酔いにならない適切な飲酒量を瞬時に算出
「二日酔い防止の飲酒量」

ハイボール・ブロガーとして敬愛している
Modern Syntax(モダシン)さんにトラックバックしています。
「二日酔い防止の飲酒量」v1.0
窓の杜にあったレビューにリンクされていて、
そのリンクからベクターのソフト紹介先まで飛べます。

やることはモダシンさんと一緒ですが、
呑み始めてから14時間で翌朝を迎えるとすると、
私の場合
ビールなら4528ml
日本酒なら1208ml
ワインなら1647ml
ウィスキーなら490ml
焼酎なら906ml
チューハイなら6037ml
以内がいいそうです。
なるほど、こんなに呑んじゃいけないんだな、
と我がをふり返るいいきっかけになりました。

恐らく、そこまで呑む前に
二日いゾーンに突入してそうです。

呑み始めてから9時間で翌朝を迎えるとすると、
ビールなら2911ml
日本酒なら776ml
ワインなら1059ml
ウィスキーなら315ml
焼酎なら582ml
チューハイなら3881ml
以内がいいそうです。

夕方5時から呑める機会はそうそうないので、
最初のシミュレーションが現実的ではないんだと思います。
とはいえの10時から呑み始めることは
少なくないので、そういう意味では参考になりました。
いずれにしても9時間呑み続けたら、
二日いではなくて二日呑み、
が持たないですね。
・・・気をつけます。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 健康ブログ 心と体へ人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

さて、1列消せるかな?

2008-12-13

フルHD版テトリス
フルHD版テトリス
トーイチャンネットさんの記事からたどり着きました。
全部で何行あるか、数えてません。すみません。
試しにやってみました。
あとどれ位で1列消せるか見当がつかない位、
広いです。
ユーザーから要望が上がったので、
途中でトイレに行けるようにポーズ機能をつけたそうです。
やってみます?

ちなみに
フルHD版スペースインベーダー
というのもあるそうです。
シリーズ化してってくれるといいですね。
FC2 Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 無料オンラインゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

酒と心中、かな

2008-12-07

Tag : もぞもぞ

中島らも「心が雨漏りする日には」(青春出版社)
「心が雨漏りする日には」
亡くなったのが2004年7月ということですから、
それより2年くらい前に書かれた本ということになります。
今は文庫でも読めるようです。

アルコール片手に書かれたのではないかと思うくらい、
調子がよく、昔読んだ「ガダラの豚」を思い出しました。
この本によると「ガダラの豚」は、
躁状態のひどい時に書かれたんだそうです。
トーンはこの本もあまり変わりません。
ただ、その一方で、
これだけ具合の悪さを的確に他人事のように冷静に
当の本人が書いてる本には初めて出会いました。
重さと軽さの混ざり具合が絶妙です。
加藤忠史先生がトリビュートされるのも、よく分かりました。
月並みな感想ですが、きっと頭よすぎたんですよね。
らもさんは。

続きを読む

関連記事

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。