スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非破壊検案のすすめ

2010-12-29

Tag :

海堂尊「死因不明社会」(講談社ブルーパックス)
死因不明社会
「チーム・バチスタの栄光」は
見ても読んでもいませんから
ピント外れの可能性があります。
著者のネームバリューと題名のインパクトに惹かれて
図書館の予約コーナーで手に取りました。
心不全とか多臓器不全とか、
はっきりしない死亡診断をよく聞くのは
個人情報を秘すためかと思ってました。
この本を読むと
はっきりしない時にちゃんと調べるしくみが
機能してないことがよく判りました。

旧友の勧めでを昔に読んだので
東京に監察がいることは知ってました。
その後、各都道府県に
監察制度が広まる動きがなかったのは
ちょっとした驚きです。
この本によると官僚の怠慢だそうです。
ホントかな。
いずれにしても儲かる話はどこにもないので
解剖を本業とする先生方以外には
積極的にどこも言い出さなかった、
ということなんだろうと思いました。
あと考えられるのは
警察との力関係の影響でしょうか。

解剖率が低いのは事実としても
ただ単に解剖を増やすのではなく、
画像診断を駆使して解剖の必要なケースをきちんと見極め、
必要であればご遺族に了解をとって行うという、
制度はとてもすてきです。
大量のデータを日本中で共有すれば
ハイテクな病理診断システムも構築可能です。
CTやMRIが増えて
療機関がネットワークで結ばれるようになって
すてきな制度をつくる素地が
日本中に整ってきたのでしょう。

師からいきなり解剖を提案されると
自分が遺族なら身構えると思います。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

新型はパワーアップ?

2010-12-19

香山リカ「雅子さまと「新型うつ」」(朝日新書)
雅子さまと「新型うつ」
今年は寒くなるのが意外に遅い感じで
去年なくした手袋を買い直すタイミングを
つかみそこねました。

去年は新型インフルエンザに
とても脅かされた記憶があります。
台風の襲来に似て
来てみないと威力がわからないから
万全の装備で対抗するしかないのでしょうが、
ひどい目にあった人が近くにいないので
やや肩すかしでした。

医学や気の本を読むことが増えてます。
雅子さまのご状を通して
現代の本質を読み解くという
恐れ多いチャレンジの本を読みました。
この先生の存在は知ってます。
昔「週刊ファミ通」に
ゲームレビューを書いてました。
まだドラクエやファイナルファンタジーが
中高生のゲーム熱をがんがんあおってた頃です。
当時は子どもの問題に関がある先生だと思ってました。
だんだん対象年齢が上がってきたのでしょうか。

かなり慎重を期して書かれているので
妙に軽率な感じはなく、
微妙な辺りを伝える本としては
読みごたえがありました。
子どもの問題を早くからとらえてた先生にとって
難しいテーマではないのかも。
「うつ」と言わずあえて「うつ」というところに
慎重な態度が現れてると思いました。
「新型」の人の描写を読むと
ホントに気なの?という素朴な感想が
なんども湧いてきますし。

登校拒否、無気力学生、退却神経症、社内うつ・・・
(けっしてひと色ではないのでしょうが)
どの分類にも同じ感想が湧いてくる人が
描かれてたように思います。
好きでそうなってるわけじゃないとしたら
(それを気と定義するならそうなのかもしれませんが)
ご本人も周囲もどう対処したらいいか分からない
無限ループに巻き込まれる感じがします。

続きを読む

関連記事

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

迷信を元から絶つ

2010-12-12

藤田一郎「脳ブームの迷信」(飛鳥新社)
家族で読める family book series 017
表紙で読者を惑わそうと
してるわけではなさそうです。
ちょっとクラクラしますが。

にいいとかに効くとか言われてるものが、
ホントに効かないよ、と解説してる本です。
でしょ?でしょ?って感じで
小気味よいです。

誰かを批判したりはしてなくて、
あくまでも科学的に留保してます。
読む方がいろいろな人を思い浮かべて
ニヤッとする余地は十分にあります。

しかもすぐ読めます。
その分やや物足りないくらい。
そういうぼやきの載ってる
脳科学者のブログ
もありました。
研究者でしたら
「Webに載せるだけで十分」と
言われるのも解ります。

続きを読む

関連記事

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

敏感で太い歳のとり方

2010-12-11

Tag : 合点だ

泉谷閑示「「普通がいい」という病」(講談社現代新書)
「普通がいい」という病
携帯のカメラが壊れちゃいました。
本の感想をアップするトリガーに必要なんですが。
出遅れる主義の私は、
スマートフォンには飛びつけなくて
の安い古めのガラケーが
更に値下がりするのを
期待してるところです。
画像は講談社のサイトからお借りしました。

ダイヤモンドオンラインの連載記事
知り合いから教わったのは、もう1年位前かも。
自分でも漠然と考えてたことを
うまく表したモデルに、
似たようなことを考えてる人がいるもんだと
思った記憶があります。
頭・心・身体の図式化
元をたどると
フロイトの描きそうな絵でもあります。

頭とが別、ということを
日本人の神経症性の説明に駆使してます。
日本人は頭とが別だとだめみたいです。
自分と隣人の分離がうまくいってないからなのでしょう。
それが悪いわけではなくて
無理やり引き剥がして考えようとすると、
悩みが増えると。
文学・哲学・芸術・宗教と、
ことばの先に深い洞察のある文章を
鮮やかに引用して、論を進めます。
むかし、精神科医ってこういう人のことを
言うのだと思ってました。
なれたらいいな、が
そこにある感じです。

アマゾンでもたくさんのレビューがついてるし
(記事を書くまでよく読まないのが
 自分に課したルールなのでコメントできませんが)、

続きを読む

関連記事

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。