スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「甘え」に甘えない

2011-05-08

土居健郎・齋藤孝「「甘え」と日本人」
(角川oneテーマ21)

「甘え」と日本人
亡くなられたことをきっかけに
補稿がついて新書になったのを
最近やっと知って手に取りました。
誰もが「読みました」と言いつつ
ちっとも理解されずに広まってきた
深い考察を、
この聞き手ならばとちょっと期待して
久しぶりに深く味わうきっかけに
させてもらいました。

「甘え」とカッコつきで書いてない考は
だいたい間違ってます。
日本人に広げた時点で、
もう土居先生の使うことばの意味の範囲を離れて
甘えることや日本人の甘えを非難する
恰好の道具に使われていて、
読むだけの私は
いつも独りで悲しい思いをしてきました。
『あ~また間違ってる』

新聞記事で「甘えの構造」とくくって
糾弾のキーワードに使う常套手段には
譲歩するとしても、
日本人に「甘え」概念を引用してる人にだって
引用者の考えをがしがし忍び込ませて
さも土居先生がそう言ってたかのように
無自覚に使ってる社会的文化的考察の
なんとも多いこと。

先生はそれらを甘やかして下さっていたのか、
聞けるものなら伺ってみたいと
常々思ってました。
・・・個人的なつながりはどこにもないので
勝手に私がそう思ってただけですが。

聞き手が持を沢山しゃべりたくなる
ふしぎな魅力がきっと
先生にはおありなんでしょう。
もともと独自の視点とことばと
考察をもっている聞き手が先生の話を聞いているので、
やっぱり後半は齋藤先生の持
土居先生のぶれない話とが
どんどんかみ合わなくなっていき、
選局の違うラジオを向かい合わせに置いたような
対談なのに百家争鳴
の状態になりました。
ショックと軽い不満と
ま、いっかと思う苦笑いのようなじと
両方を余韻として引きずりながら
本を閉じました。
やっぱり土居先生はすごい先生でした。

名著「「甘え」の構造」への言及を含めると
紹介しきれない程の引用ページが
ウェブにありました。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

遠くから見透かす世間

2011-05-03

Tag : 屈託

鈴木伸元「加害者家族」(幻冬舎新書)
加害者家族

しばらくは
落ち着いて本が読めませんでした。
忙しさと震災の影響と
年度末の忙しさと。
その方が普通になってました。
珍しくゴールデンウィークはひと休みです。

NHKのディレクターが書かれた本で、
取材結果はクローズアップ現代でも
放映されたそうです。
本の存在を知ったのは、
橋本大也さんのブログ記事がきっかけです。
読んでませんが東野圭吾の小説「手紙」にも
つながるテーマです。

具体的な感想や詳細は
既存のブログ記事に譲ります。
クローズアップ現代『犯罪“加害者”家族たちの告白』
 →こちらは番組を採り上げた記事です。
『加害者家族』になったら人生オワタ\(^o^)/です
 →私と同じく、本の内容をすっと受け取られた記事です。
  トラックバックしました。
加害者家族
 →アメリカでの加害者家族への周囲の反応について言及されてます。
  なんだか日本人は恥ずかしいと思ったり
  多様性のアメリカがそんなに一様だったりするのかと疑ったりしました。
  宗教心の違いはありそうですね。
加害者家族に支援を 仙台でシンポジウム
 →NPO団体「ワールドオープンハート」に関する記事です。
  被害者援とは別の難しさがあることがわかります。
加害者家族
 →加害者家族に対する、あまりにひどい社会的制裁
  というのは、日本人の心情に訴えてくるテーマですね。
犯罪加害者家族支援プロジェクト2011
 →WOH自身の記事です。
  被害者家族にも加害者家族にも
  同様のえがあった方がいいと思いました。

この本のことを詳しく書こうと思ったのは、
(前置きばかりが長いです)

続きを読む

関連記事

テーマ : ニュース・社会
ジャンル : ニュース

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。