スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待をもって叱られる

2011-07-17

Tag :

塩野七生「日本人へ リーダー篇」(文春新書)
日本人へ リーダー篇
経営層にファンが多いという
この人の本を
そのうち読んでみたいと思ってましたが、
後回しにしてました。
大作を読み通す自信はなく
の知識もぞっとするほど乏しいので。

こんな薄い本もあるのだと図書館で見かけて
予約して待って読みました。
期待以上に面白かったです。
元は文藝春秋の連載記事です。
政治・外・時事問題を扱ってるので
少し前の話なのですが、なぜか面白い。
時間を越えてます。
家だから当然でしょうか。

中に理由が書かれてました。
月刊誌発行の20日前に〆切があり
その10日後に読まれることを想定してます。
 事後に読まれても耐えられるものを書くのは、私自身にとっても、実に本質的な問題なのである。(pp.198-199)
時空を越えた観点と主張を書けるように
自らに課しているこのストレスが、
実をひいて先を見通したり
予測の根拠を具体的に述べて読者を説得したりする
粘り強さにつながってます。
したたかな自信があります。

ローマ帝国の歴には
著者が惚れる男たちが数多く登場するようです。
日本のリーダー、官僚、外官たちは
惚れ甲斐のある英雄と比較され
咤激励されます。
を読み解いた老賢人の智慧と
世話焼きおばさんのような温かさが混在して
期待をもってられてるのが
小気味よい本でした。
ヴェネツィア共和国の盛衰を書いた
連作の方を読んでみたい気がしました。

あとはよそ様の書評です。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

取り戻すのはきっとしんどい

2011-07-02

Tag : もぞもぞ

泉谷閑示「クスリに頼らなくても「うつ」は治る」
(ダイヤモンド社)

クスリに頼らなくても「うつ」は治る
図書館で借りられたので
改めて読みました。
元の記事はダイヤモンドオンラインの連載です。
前にもこの記事のこと
同じ著者の別の本のことを扱ったので、
今回はさらっといきます。

その時載せなかった
もうひとつの図の方を載せときます。
「うつ」は心と身体のストライキ
かくあるべし、が強すぎて
やるべきと思ってることを
やりたいんだと自分で覚してると
そのうち心と身が反乱を起こす、
それでも頭は先制国家を保とうとする、
って図式です。
自分ひとりでそれに気づくのは大変ですよね。
だから対話が必要なんでしょう。
クスリを使わなくてもる人には
たっぷりと手をかけ時間をかけて
この先生は療されるのでしょう。
丁寧に対応してもらえるのは
ありがたいことだろうと思いました。

続きを読む

関連記事

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。