スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目漱石作「肩こり」(門)

2008-08-03

こりについて少し調べました。
今回はリンク先の羅列のみで凡そまとまりなく収束となる予定です。
まずはお約束のWikipedia

が凝る」という言葉は、夏目漱石による造語である。


とのこと。
なるほど日本で一番最初にが凝った人として、
とても似つかわしい気がします。
いつも胃が悪くて不機嫌とストレスの塊のような人だった印象ですし。
夏目漱石がどこで初めて「こり」を使ったのか、については、
株式会社システムティーによる
「夏目漱石と肩こり (肩こり解消のツボ)」に掲載されてました。

「肩がこる」という表現を初めて文学作品に取り入れた人を知っていますか?

夏目漱石だそうです。

小説「門」で初めて使われ、それまでは「肩が張る」という表現をしていたそうです。


「肩が張る」のだとすると弛めればいいので、楽になりやすいような。
「肩が凝る」というとその構えが更に続いてしまいそうで、
悩みが深そうです。
夏目漱石のつくった表現には文学的な意義を感じますが、
その結果これが病気であるように広まったことの
責任は案外重いかも。
ネックストレッチ
できればこのようなマシンのお世話にはならずに
何とかしていきたいです、私は。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 その他日記ブログ うんちく・小ネタへ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。