スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因累々

2008-08-03

Tag : もぞもぞ

こりに関するネット漂流の結果、第二報です。
(喫緊の課題からの逃避モードとも言えます)
原因についてはあまりに情報が多すぎて整理しきれません。
受け止めきれたもののみポツポツとご紹介します。

この漂流シリーズの発端となった書き込みでイラストを勝手にお借りしたのは
【Veerこり専科】というサイトからですが、
そちらの肩こりの主な原因【Veer肩こり専科】という記事によると、
病気が原因でない肩こりの原因は、
 ・姿勢
 ・目
 ・歯
 ・ストレス
 ・筋肉疲労
 ・運動不足
 ・冷 え
 ・その他
となっています。見出しのみ抜粋しました。
一般的によく言われているものが網羅されてる感じです。
こちらでは肩こりを病気(というか症状)として
はっきり捉えてる印象です。
実際しつこい凝りに悩まされた結果の情報収集だったそうなので、
実感に基づいた受け止め方なのだろうと思います。

切り口は少し違いますが、これまた定番のAll About内の記事、
肩こりの原因と解消法 - [肩こり・腰痛]All About「肩こりの原因は?」では、
他の病気が原因となるものを除いて大別し、
 1.習慣や仕事が原因の肩こり
 2.環境や性格が原因の肩こり
に整理して解説してあります。
曰く、
 1.習慣や仕事が原因の肩こり
 ・長時間のデスクワーク
 ・足を組むことが多い。組まずにはいられない
 ・頬杖をつくことが多い
 ・荷物が重く、片側に持つか、肩にかける習慣がある
 ・寝転がってテレビを見る、読書をする
 ・下を向いている時間が多い
 ・を動かす習慣がない
 ・運動後のストレッチを省いてしまう
 2.環境や性格が原因の肩こり
 ・最近、職場環境が変わった。
 ・人間関係でストレスがたまる
 ・ゆったりくつろげる時間がない
 ・残業も多く、休日も仕事が入ることがある
 ・気になることがあると、考え込んでしまう
 ・倦怠感があり、やる気がおきない
 ・仕事もプライベートもキッチリこなす
 ・1日は、24時間じゃ足りないと思う
ということです。これも説明文を省いてチェック項目のみ抜粋しました。
その通りだと思います。
とはいえ、結局どれがまずいのか、
この状況だとみんななってしまうのか、
懇切丁寧なだけに、闇に紛れてしまう印象です。
(私の頭が悪いだけなのかも。
 いろいろ考えてると肩が張ってくる気がします)
肩こりに関係する筋肉

もう一歩踏み込んでくれてる感じがしたのが、
士・運動療法士 Taniguchiさんによる、
「女性のためのこりナビゲーション」というサイト
(リンク・フリーとのことありがとうございます)
にまとめられてる説明でした。
読みごたえがあるので引用が難しいですが、
例として肩こりナビ05というページから、
こり生活度チェックをお借りします。
 □家事のときに前かがみなることが多い
 □休日は、ごろ寝などよくする姿勢が決まっている
 □バックを片側のにかけるクセがある
 □特に趣味がない。気分転換がうまくできない
 □電車で座ると、本を読むか居眠りをする
 □夏は冷たい飲み物やアイスクリームをよく口にする
 □仕事が不規則で、生活リズムがバラバラ
 □ハイヒールの靴をはくことが多い
 □ふだんから運動不足
各項目について補足説明がついていましたが、割愛しました。
リンクを参照して戴けば
根拠も含め具的に書かれていることが
よく伝わるのではないかと思います。
姿勢と筋肉不足と緊張の連続、
胃弱質などをきっぱりと指摘している印象です。
これ以外のページにも、
痩せすぎも太りすぎも要注意。健康な体づくりを心がけましょう!
しつけの違いが姿勢のよしあしをきめる
リズミカルな筋肉の伸縮は血行をよくする
といった記事があり、
私にはとても納得がいきました。
ふむふむ
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 健康ブログ 心と体へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。