スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難関大学は、それでも難関

2008-10-04

Tag : アーハ!

神永正博「学力低下は錯覚である」(森北出版)
「学力低下は錯覚である」
数学と情報セキュリティを専門とする大学准教授が、
データと分析に基づいて
・大学生の学力低下
・子どもたちの理工系離れ
について、
考察を披露した本です。
学の専門家ならば
物申すところがいくつかあるのかもしれませんが、
私にはとても分かりやすく得心のいく
現状分析になってると思いました。

結論は至ってシンプルです。
まとめてここに書いてしまうとちょっともったいない位。
大学はすでに狭き門ではないので、致し方ない、というところ。
工学部を志望する学生の割合が減ってるように見えるのは、
女子学生の進学率が上がったから(見かけ上の現象)、というところ。
いずれにしても、
テーゼを掲げてそれを施策につなげようとする御用学者や
その背後にいる(と思われる)お役人の発想を、
少し遠くから眺め
批判するでもなく客観的にあぶり出してる気がします。

メインテーマからは少し外れますが、
この本を読んでアーハ!と膝を打ったのは、
学力低下、高校までの学習内容の再教
大学教員が苦心している一方で、
依然として難関大学がそれでも難関であり続けるカラクリ
についてです。
AO入試や推薦入学の定員枠を大きくとると
一般入試が狭き門になるため、
高い偏差値(ブランド価値)を
維持することができるんですね。
受験産業に関わっていた年数よりも
本業の経験年数の方が長くなってきたので、
最新の状況から縁遠くなってます。
その道のプロにしてみれば当然なのかもしれませんが、
私にはとても新鮮な発見でした。
納得至極
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 その他日記ブログ うんちく・小ネタへ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。