スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べたいものは食べましょう

2009-01-18

Tag : もぞもぞ

伊達友美「夜中にラーメンを食べても太らない技術
 ~男のための[食べやせ]革命~」(扶桑社新書)

「夜中にラーメンを食べても太らない技術」
キャッチーなタイトルに気合いを感じます。
男性へのダイエット指導を仕事としている
管理栄養士さんの本です。
目次だけでも一読の価値があると思います。

食べたいものを我慢するのではなく、
ワンパターンに陥らないように
意識していないと自ら摂ろうとは思わない栄養素を
取り入れていこうとするところが面白いです。
タンパク質をきちんと摂らないと脂肪は燃焼しない、とか
小麦粉は身を冷やすのでお米をしっかりたべましょう、とか
セットものよりは定食を、とか
呑んだ後のラーメンの前には野菜ジュースを1杯、とか
宅配ピザが食べたかったら
エキストラバージンオイルをかけて食べましょう、とか
男の食い意地に優しい指導が多いなあと思います。
残業にも酒づき合いにも忙しい
働き盛りの男性にとっては、
仕事もダイエットも頑張ってくださいと言われてるようで、
こういう指導を受けるとそれだけで
勇気づけられる気がします。
キャベツを先にたっぷり食べるダイエット方法と
発想が似てる気がします。
自分が毎日何をどれだけ食べたか
記録するだけでもやせる効果がある
というダイエット方法とも共通点があります。
やせることで頭が一杯にならないようにしつつ
いつもどこか頭の隅には置いておきましょう、
という感じです。
極端なダイエットとリバウンドに懲りた著者が
得したのがこの辺の、
とやせと等身大の自分との間の
ちょうどいい距離のとり方なのかなと思いました。

そんなわけで
自分からやせたい!と思ってる人には有効な気がします。
ダイエットしようと意を決して相談にきた人を
時々コメントしながら一緒にやっていきましょうと
ナビゲートするやり方ならば、
これできっとうまくいくと思います。

その一方で
ノウハウは確かだと思いますが、
どういう理論や事実に基づいてそれが有効なのか
という文中の説明については
かなり乱暴なところが多いと思うので、
あちこちから批判を受けるんじゃないかと思います。
もともとやせる気のない人に指導する立場の
専門家からすると、
「こんなんじゃダメ」「余計なこと広めないで」と
ツッコミたくなるような気もして、
物議を醸す火種になりそうです。
(よく調べてませんが実際なってるようです)
とはいえ、誰にでも効く、と言わなければ
うそではないので、いいんじゃないですかねぇ。
vitality(活力)とvulnerability(傷つきやすさ)の
両方が指導の源になってる気がしました。
太ってる人は意外にもデリケートなことが多い気がしますし。
現状をある程度肯定し
勇気づけてサポートすることは
必要になるんじゃないかと思います。
・・・自己弁護するわけじゃありませんが。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 健康ブログ 心と体へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 男のダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。