スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情は縛ると切れる、とのこと

2009-02-07

森真一「自己コントロールの檻  感情マネジメント社会の現実」
 (講談社選書メチエ)

「自己コントロールの檻」
2000年に刊行された本のようです。
もうちょっと早く読めばよかったと思います。
手応えのある社会学の本を久しぶりに読みました。
理主義(理学主義)の浸透を藪睨みに描き出してます。

カウンセラー・精神科医・精神分析家が書く
自助マニュアルが流行った結果、
場面に則した形で情をコントロールしましょう
という、自己コントロールを強いられて
(しかも自ら進んでそうしたスタイルを身につけようとして)
社会がマクドナルド化している、
という指摘です。
治療やカウンセリングが成功する、ということと、
そのエッセンスを一般の人が活用する、ということとは、
別モンではないかと私も思ってきました。
生身の人間がいつも情をコントロールできている
必要はないと思うんで、
自分の情をコントロールできるようになりましょう、
という勧めは、真に胡散くさいところがあると思います。

自助マニュアル、EQの本、カウンセリング、コーチング、
能力主義や雇用流動化を推し進める動きに乗って動いていると、
日常生活においても、
マクドナルドの店員さんやキャビンアテンダントさんのように
機械的な「情の知性」を身につけた人ばかりになってしまう。
仕事上の役割ならばいいかもしれませんが、
日常生活がずっとそれでは息がつまりますよね。

周囲がそうやってポータブルな「情の知性」を
身につけていく(あるいは身につけた気になる)と、
コントロールできる水準というか基準というか、
期待されるレベルがおしなべて高くなり、
そんなにうまくコントロールできない人は「困った人」と言われ、
「すぐキレる人」などと扱われるようになり、
腫れ物に触るように接するつきあいが多くなり、
そうなると「困った人」の扱いに関するマニュアル本が売れ、
そう扱われた方の人が行き処のない感情をもてあました結果
「キレやすい人」は増えていく、
という図式化はとても面白いです。

中核となっている概念をここに要約して書くのは
私には難事業でして、
あまりなじみのない
「人格崇拝」と「合理化」という用語が
鍵になっています。

前者はデュルケームからゴフマンにつながる、
理主義批判の流れから出てきた言葉だそうで、
ボストモダンで奇妙な「やさしさ」にも通じるところがあります。
背後にあるのはナルシシズムや万能だと思います。
(そっちは正に理学用語ですが。)
後者はヴェーバーからフーコーを経由してリッツァーにつながる、
テーラーリズムに端を発する科学的管理法を批判する立場から
出てきているようです。
社会のマクドナルド化、は当面その究極の形と
いう風に捉えられてるんだろうと思いました。

個人レベルの理主義化と
経営レベルの理主義化が同時並行して浸透し、
情は高度にコントロールされた檻の中に閉じ込められていく、
というのが著者の主張でした。

もとは博士論文とのことで、
その当時目の当たりにしていることを活写したり
その後の展開を危惧しているのだろうと思いました。
かれこれ10年経っているわけで、
著者は今の世の中をみて
どのように考えたり批判したりしているのか、
聞いてみたくなりました。

ちょっとうさんくさい、
という辺りの加減が好きな私ですので、
ほんとうに胡散くさい、
そんな自分になってしまっては、まずいなと、
普段の行いやメッセージを正面から反省して捉え直す気になり、
それはそれは、いいきっかけになりました。

的確な書評にいつも舌を巻いて読んでいる、
橋本大也さんの「情報考学 Passion For The Future」に、
詳しいまとめがありましたので、リンクさせて戴きます。
こちらはすでに2004年に書かれた記事でした。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。