スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労組が転職を世話する

2009-03-22

Tag : アーハ!

解雇規制の緩和、撤廃 これで雇用が増える
経済学者・池田信夫さんに聞く


切り口が面白くても小粒な印象が多い
J-CASTニュースに、
ちゃんとインタビューした記事がありました。
高福祉社会と労働生産性を共に実現している
北欧社会に見習おうという意見は
最近よく見るようになった気がします。
専門家ではないのできちんと議論できるほど
見識がありませんが、
目に留まった意見をとりあげていくことで
少し賢くなれるといいなあと思います。

「北欧モデル」、民主党も興味を示している
――-デンマークはなぜ可能だったのでしょう。

池田: ひとつの見方としては、労働移動が自由だと言われていることです。労組の組織率が非常に高くて、仮に会社をクビになったとしても、組合の中に転職をしやすいようなインフラができている。人口が500万人に過ぎないからこそ出来ることかも知れません。日本では労組の組織率も低いですし、簡単にマネはできないと思います。
ただ、「高福祉高負担」でも米国よりGDPが高い理由を考えてみると、「労働生産性が高い」ことにつきます。企業は労働生産性が落ちると、労働者をクビにせざるを得ない。さらに、「同一労働=同一賃金」という原則があります。かっている会社もダメ会社も、同じ労働には同じ賃金を払わないといけない。そうすると、効率が悪い、採算の悪い会社は、人をえなくなってしまう。賃金が労働生産性を上回りますから、労働者をクビにして会社自体が撤退、クビになった労働者は他の会社に転職する。労働者にはやさしい、でも企業にとっては厳しい仕組みです。

産業別(企業別)組合が職業別組合に
少しずつシフトできれば
労働市場の構造が変わってくかもしれない、
という期待を抱かせます。
経営者と被用者は
もともと利害が対立しているのに、
それを合わせようとしてきたシステムに
無理が生じてるのではないか、
漠然とそう思っていたので
ピンときました。
職業別に賃金が設定される世の中に戻ったら、
やはりそれも「格差社会」って言われてしまうんでしょうか。
近視眼的なみ嫉みに埋もれてしまわずに
世の中の仕組みを変えようという声が
しだいに大きくなっていくといいなあと思います。

北欧の真似をすれば
なんでもうまくいくとは思いません。
ずっと人口が多いですし、
そのまま持ってきてうまくいくわけがないと思います。
だとしたらどうしたらいいんでしょうね。
何か思いついたら書いてみたいと思います。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 人事・雇用制度
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。