スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんとうにほんとうだ

2009-08-02

池田清彦・養老孟司「ほんとうの環境問題」(新潮社)
「ほんとうの環境問題」
好きで好き放題意見を言うのが好きな
ふたりの著者の組み合わせ(論考+対談)です。
話の展開はおおよそ推して知るべし、でしょう。
とはいえ、中身は予想を上回ります。

文科系の人が歴史の本を書くと、
戦争はほんとはエネルギー問題だったりするのに
すっかり抜け落ちてしまう、とか。
環境省は本気で環境のことを考えてないから、
そろそろ国土交通省と農林水産省と
一緒になっちゃった方がいい、とか。
増えているのは炭酸ガスだけじゃなくて、
窒素とリンも増えている、とか。
自治体指定のごみ袋はエコロジカルではない、とか。
高級焼却炉を作っちゃうと
今度は燃やすものがなくなったら困ってしまうのだから、
それ位なら余熱で火力発電したらどうか、とか。
アメリカは今でも半分くらいは石炭による火力発電に頼っている、とか。
エネルギーを効率よく使うようになってから
爆発的に地球の人口は増えたのだ、とか。
を節約しようと世界中に呼びかけると
の国際価格は上がるので
国や石会社はもっと儲かるからそう言うのだ、とか。

ほんとうにほんとうだ。
こんな大事なことを知ってるなら、
もっと報道でも教養番組でもいいから
みんなに教えてくれればいいなあ、と思いました。
ひとりじめしたくなかったので、
すっかりネタバレしてしまいますが、
読む価値はあると思いますよー
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。