スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神秘と科学のあいだ

2009-12-19

Tag : アーハ!

吉村正和「フリーメイソン‐西欧神秘主義の変容」(講談社現代新書)
「フリーメイソン」
またまた似つかわしくない本を読んでます。
きっかけは家族とミーハーに訪れた
音羽御殿だと思います。
ゴスロリ愛好者の
トイレ着替えと記念撮影禁止
の注意書きが
更に雰囲気を醸し出してました。

前半はフリーメイソンについて書かれた本で
フリーメイソンのことを書いた本ではありませんでした。
結局、その実体はよくわからないのかもしれないと
思いながら読みました。
歴史の教科書独特の
客観的な退屈さを思い出しました。

論という言葉を初めて知りました。
ルネサンス以前の宗教的秘主義と
人間主体の近代性主義
(自然科学の発展と世界の西欧化)の
橋渡しをした考え方で、
その発展と深化に
フリーメイソンが一役買ったのだろうというのが
著者の考えのようです。
論は、啓示性を否定するといいながらも、世界を創造したの存在だけは否定せず、その点ではっきりと無論と一線を画している。神論は、キリスト教的な超越神をいわば人間の歴史から棚上げして、宗教の範囲を道徳・倫の分野だけに限定しようとする。(p.104)
際政治の裏舞台で暗躍する
秘密結社というイメージとは
だいぶ違います。

『魔笛』に表現されたフリーメイソン思想の著しい特徴は、古代の密儀宗教に端を発する西欧神秘主義の系譜と、西欧近代の性主義・啓蒙主義・科学主義の系譜が融合しているところにある。(p.114)
とも書いてありました。
神のから
自由と平等のへの変化を
フリーメイソンに属する人たちが
主導していったのだろう、
という考え方には
欠けたパズルのピースを
ひとつ埋めてくれるような
ここちよさがありました。
登場するメンバーの個性が伝わってきて
歴史の躍動感が
後半の記述にはありました。
ジョン・ロック
アイザック・ニュートン
百科全書
・・・ヨーロッパの近代文化を支える人たちの
活動とフリーメイソンの関係が
出てきます。

ボストン茶会事件
アメリカ独立宣言
ベンジャミン・フランクリン
ジョージ・ワシントン
セオドア・ルーズヴェルト
チャールズ・リンドバーグ
ヘンリー・フォード
・・・アメリカの独立と
「道徳家」アメリカとしての
独特な家設立と発想の基礎に
フリーメイソンのネットワークが
影響しているようです。

その話の流れに違わず
マッカーサーも
フリーメイソンだったそうです。

セミの脱け殻みたいなところが
あったのかなあと思いました。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 秘密結社の謎
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。