スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争の民営化と派遣は、やめとこう

2010-03-07

堤未香「ルポ貧困大国アメリカ」(岩波新書)
「ルポ貧困大国アメリカ」
もっと早く読んだら
考えをまとめる手がかりになったかもしれません。
予約の順番待ちも影響してましたが。
読み通してみると
断片的な情報やそこから漠然と考えていたことが
はっきりとまとまりました。
データとインタビューに基づいて構成された
ダイナミックなレポートなので、
その迫力もかなりのものです。
9・11を自ら体験したと著者紹介にありました。
迫力の源かもしれません。
新自由主義の台頭から始まった
過激なアメリカの変化を
著者ならではの視点から活写してます。
本物の目次と章立ては
「404 Blog Not Found」さんの記事にあります。
トラックバックもさせて戴きました。

・英語をしゃべれない不法移民に家を売りつける
 サブプライムローンが困ビジネスの問題でもあるそうです。
 返せなくなるのも分かっていて売りつけるのは
 人種問題でもなくて、
 弱者は人でもなんでもないという
 本来の自由主義の考え方そのものです。
 南北戦争のころの対立は、
 ヒスパニックの人を巻き込んで
 そのままアメリカに息づいてる気がしました。

困児童に満が多いわけ
 普段の食費にも学校給食費の支払いにも困る貧困家庭には
 満児がとても多いそうです。
 無料-割引給食制度で提供されるのは
 ジャンクフードの連続です。
 メニューの例も載ってます。
 安いのは大量生産されたジャンクフードばっかり、
 という状況はもう日本にも入ってきてますね。
 昼御飯買ってくるのに、
 コンビニでもお弁当屋さんでも
 ちょっと多めにお金を出せばヘルシーな食事にありつけますが、
 なるべく安く済まそうとしたらたちまち
 カロリーばかりで栄養素の足りない食事の連続に転落します。
 勝ち負けの格差がもともと大きいアメリカで
 もうそうなったら這い上がれないのは
 日本の比ではないのがわかります。
 「腹のつき出た貧しい人々」が確実に増えているのを知って、
 インテリ・高所得者層が満におびえて切り捨てる
 もう一つの理由がわかった気がします。

・ハリケーンで壊滅に陥ったジャズの聖地の復興
 FEMAという防災対策の専門機関が民営化され
 効率重視と予算削減で機能を失った結果、
 ニューオルリアンズは町の形を失い
 人災といってもいい状況になってしまったんだそうです。
 復興は経済活性化政策の名の下に
 貧困地域の削除・民族浄化の狙いを
 着々と進行させたそうです。
 それなら不法難民を受け入れなければいいのに
 と思いますが、
 統計上の少子化対策にもなってると
 別の章に書いてありました。
 ちゃんと実利をとる裏付けがあって
 いかにもアメリカらしいです。
 日本のマスメディアにはちっとも載らないけど、
 憎しみと軽は地下水脈のように
 流れているんだと改めて感じました。

・病気になって会社を辞めたら借金まみれになるしかない
 あらゆる方向から借金まみれになる弱者が出てきます。
 日本の健康保険制度はなんて素晴らしいのだろうと
 改めて実感しました。
 民営化→自由競争→市場原理→
 医療格差→ローン地獄→困ライン以下
 これが医療と教育だけの問題に終わらないのは、
 その家庭で育った子どもたちは
 どうやって死なずに生きていくんだろうという
 連想につながるところです。
 暗澹たる気持ちになります。
 でも、あるんですね。
 それはそれは恐ろしい出口が。
 出たと思ったらまた戻る無間地獄みたいです。

・現役高校生をイラクにリクルート
 生徒の個人情報を軍のリクルーターに提出しないと
 助成金をカットする、という法律があるそうです。
 学資ローンの焦げつきを避けるため
 返済免除プログラムを利用する目的で
 入隊する大学生もいるそうです。
 軍が予算をたっぷりかけて作った
 「アメリカズ・アーミー」というオンラインゲームは
 ちょっとやってみたいなぁ。
 自分が兵隊に行きたいとは思わないと思うので。

・世界中に広がる民間戦争請負会社
 軍事訓練を受けてない労働者を戦地に遣すると
 軍人ではないので、
 命に関わる事態が起きてもそれは契約条項の取り決めで
 遣する会社も国も責任を負わなくて済むそうです。
 「小さな政府」ってこういう意味だったかなあ。
 教えてくれた高校の政経の先生の小首傾げた表情は、
 「だいじなこと見逃してない?」
 という意味だったのかもしれない。
 フィリピン・中国・バングラデシュ・インド・ネパール・シエラレオネ
 世界中に人集めを広げる遣会社の源流をたどると、
 やっぱり出てきました。
 チェイニー元副大統領の名前が。
 加えて印象的だったのは、
 メディア王ルパート・マードックが握っていると
 思われる情報統制に関する記述です。
 ジョージ・ブッシュ政権のブレインとして
 ブイブイいわせてた人たちが
 練りに練った金儲けの手段が、
 こんな形でも世界を不幸にしてるんですね。
 自衛隊から遣されてる人たちも
 (ある程度は事前に聞いてるんでしょうが)
 現場を目のあたりにしたら、
 つらいだろうなあと思いました。

いくつかトラックバックさせて戴きます。
「NED-WLT」さんの記事に同感です。
 常識を破壊された感じ、私もしました。
 困製造装置という表現が、冷血さを現してると思いました。
「情報考学 Passion For The Future」さんの記事では、
 いつもながらの抑えの利いた冷静な記述を参考にさせて戴きました。
「紺ガエルとの生活 ブログ版日々雑感 最後の空冷ポルシェとともに」さんの記事では、
 この本の論拠とされる
 情報選択と解釈の誤りを指摘されてます。
 ジャーナリストには、一応、
 確信犯的なデータ利用が権利上認められてるのかも。
 それはそれでまた論議を呼ぶので
 関心が高まりますね。
「琥珀色の戯言」さんの記事のお蔭で
 続編がすでに出されてることもわかりました。
 そのうち、読みたいです。

長文の記事ですみません。
おつきあいありがとうございました。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 貧困問題
ジャンル : 政治・経済

R+ (レビュープラス)さんのコメント

レビュー専門ブログネットワーク、「R+ (レビュープラス)」へのお誘い

はじめまして。突然のご連絡失礼いたします。
株式会社ニューノーマルと申します。

現在弊社では、「R+(レビュープラス)」という、普段から書籍や雑誌などの
レビューを書いていらっしゃる活発なブロガーの皆様と、企業とを結びつける
レビュー専門ブログネットワークを運営しております。

直近では「グーグルのグリーン戦略」のレビュアー募集を行っており、今回ブログを
拝見させて頂き、うさんくさいblog様にもご参加いただけたらと思い、
ご連絡させていただきました。

サービスの内容といたしましては、企業が提供する書籍や雑誌をブロガー様に配布し、
ご自身のブログにてそのレビューを執筆して頂く、という流れです。
ブロガー様には、無料にて献本させて頂きます。もちろんご利用も無料です。

またレビューの内容につきましては、本サービス独自のランク付けを行い、
優良レビュアーとなったブロガー様には、今後優先的にレビュー依頼を行う予定です。

詳細はこちらより、ご覧くださいませ。
http://reviewplus.jp/service

これまで「ツイッター140文字が世界を変える」「ニューズウィーク 日本版」
「週刊ダイヤモンド」「大前研一通信」「MacPeople」「クーリエ・ジャポン」
等を実施しております。

ご興味をお持ち頂ければ、ご登録いただければ幸いです。
ご質問等ございましたら、何なりとお問い合わせくださいませ。

突然のご連絡にもかかわらず、長文大変失礼いたしました。

失礼いたします。

greenshieldさんのコメント

抜け穴派遣法改正を喜ぶ自動車総連

非正規雇用・有期雇用を禁止せず、抜け穴派遣法改正を強行するなら、
民主党の単独過半数に反対です。次期選挙は、自公だけでなく、
民主党にも投票しません。

関連する重要情報です。

抜け穴派遣法改正を喜ぶ自動車総連 - 明日へのうた - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765/31856543.html
2010/3/1(月) 午後 2:04
 何回か前の本ブログで「派遣法抜本改正に待ったをかけるJSGU」という記事
を書いた。派遣会社の労働組合であるJSGU(人材サービスゼネラルユニオン)
が、民主党有力議員と組んで派遣法抜本改正の足を引っ張っているという内容だ。
その後「週間金曜日」2月26日号の「派遣労働者を裏切る民主党」という記事を
読んで、JSGUは実は小物でもっと巨悪の労働組合があるということに気付かさ
れた。派遣労働者を使い捨てにして利益をあげている自動車産業の労働組合「自動
車総連」のことだ。
 週間金曜日の記事はこうだ。抜け穴だらけの「労働者派遣法改正案」を答申した
「労働政策審議会」は、自民党麻生内閣の委員構成そのまま。部会長の清家慶大教
授は「まず旧政府案を尊重していただきたい」と切り出したという。これに勇気を
得て使用者委員が言いたいことを言い、労働者委員も答申案を支持したというのだ。
 そこで、労働政策審議会の労働者委員なるものをインターネットで調べてみると、
情報労連、JAM、UIゼンセン、運輸労連、基幹産業労連、電力総連、航空連合
など連合の主要民間単産委員長がずらり。自動車総連西原浩一郎会長もその一人。
週間金曜日によれば、彼は「報告に沿った内容で早急に法案をまとめるよう発言」、
「労働者保護をなおざりにしても、政策決定への影響力を維持したいという共通の
利益で公労使三者が結束しているのもしれない」と指弾の対象だ。
 西原会長は、09年1月の自動車総連中央委員会で「労働者派遣法」改正の動き
について、「課題はあるものの常用雇用型派遣を基本に」し、「製造業の登録型派
遣を禁止する場合にあたっては、対象者の円滑な雇用移動に向けた支援措置と、そ
のための必要な猶予期間を確保すべきである」と発言。今年の中央委員会では、
「労働政策審議会の取りまとめ内容は、昨年1月の総連中央委員会での会長挨拶の
中で申し上げた見解に、ほぼ沿う内容であり理解できるものであると考える」と手
放しの喜びようだ。
 日本の企業内労働組合は労働者にとって最悪の存在となっている。
Yahoo!ブログ - 明日へのうた
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765

greenshieldさんのコメント

派遣法抜本改正に待ったをかけるJSGU

非正規雇用・有期雇用を禁止せず、抜け穴派遣法改正を強行するなら、
民主党の単独過半数に反対です。次期選挙は、自公だけでなく、
民主党にも投票しません。

関連する重要情報です。

派遣法抜本改正に待ったをかけるJSGU - 明日へのうた - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765/31768018.html
2010/2/20(土) 午前 11:07
 この17日、厚生労働省が労働政策諮問委員会に労働者派遣法の改正案要綱を諮
問した。18日に共産党志位委員長は記者会見で「製造業の常用派遣を禁止の例外
としていること、登録型派遣に専門26業種を認めている。この二つの『大穴』は
許されない」と抜本改正への運動強化を呼びかけた。
 民主党連立政権下でつくられようとしているこの改正案に多大な影響力を持って
いるのが、連合・UIゼンセン傘下で派遣会社と派遣労働者によって組織されてい
る労働組合「人材サービスゼネラルユニオン(JSGU・07年9月現在42,5
62人)」である。JSGUは最近「労働者派遣制度に関するJSGUの考え方」
なる文書を発表して、派遣法抜本改正論議に待ったをかけている。JSGUのホー
ムページによれば彼ら主張の根拠はおおよそ次のようなものと見られる。
 「(派遣法施行以来)派遣事業所は41,966となり、派遣労働者数も321
万人、年間売上高は5兆4,189億円と大きく成長しています」「派遣イコール
『ワーキングプア』、派遣イコール『不本意な働き方』という見方には強く違和感
を覚えます」「職業選択の自由の下、間接雇用も直接雇用も同等に『労働』である
ことの評価がされるべきです」・・・・
 実際に派遣で働いている労働者の声として「やりたい仕事を、働きたい時間に、
働きたい期間、働きたい場所で働ける」「時間を有効に活用できる」「多数の派遣
先の中からやりたい仕事を選べる」「仕事より生活を重視し、働き方・暮らし方を
自ら選べる柔軟な制度」など派遣制度を肯定していると主張。「登録型派遣は今や
不可欠な制度として機能している」と結論づけている。
 またJSIUは、民主党内に「派遣制度の改善を推進する議員連盟」を立ち上げ
て、「一部団体・政党が主張している『労働者派遣制度の問題の捉え方』の誤りを
指摘し、真の労働者保護と業界の健全な発展を目指して活動」している。議員連盟
の会長は川端達夫衆議院議員、幹事長は三井辨雄議員、他に松原仁、池口修次、加
藤公一、近藤洋介、徳永久志、鷲尾英一郎氏らが役員に名を連ねている。
 UIゼンセンは連合の最大民間単産であり、JSGUはその中の有力単産である。
連合と民主党の癒着がこでも問題になっているとおれは思う。
Yahoo!ブログ - 明日へのうた
http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。