スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問いを共有するメディア力

2010-04-07

Tag : アーハ!

山田ズーニー「あなたの話はなぜ「通じない」のか」(筑摩書房)
「あなたの話はなぜ「通じない」のか」
いつもいっつも図書館で借りて読んで
年に1冊か2冊は
改めて買い直して
手元に置いておきたくなります。
久々にその位引き込まれる本に遇いました。

高校生に小文の書き方を教える仕事から
発想が広がった、
理と共と信頼を伴ったコミュニケーションのとり方を
等身大の言葉で語りかけてくれます。
こちらのセンスの問題か、
読んでいる間は著者が女性であることを
思い浮かべられませんでした。
確かに相手の気持ちの読み方は
秘書のセンスにつながるところがあります。
理解した中身を示す理性や表現の明晰さも
同じ路線を踏襲している気がします。

メディア力、という言葉には戸惑いましたが、
勝手なこだわりがあるので。
派手な意味ではないパフォーマンスのセンス、
と言い換えてみます。
見え方を意識した見せ方、
伝わり方を意識した伝え方、
ってじです。
組織で働く上では必須だと思うので、
知り合いの若者や子供に
この本の存在を教えてあげたいじです。

会話の中で相手の問いを発見しそれを共する、
すぐにできれば何回も会わなくても
信頼したり信頼を得たりできる、とは
確かにその通りで、
そういう風に言われるとすごいです。
できたらいいな、が、きっぱりと言葉になってます。

著者のサイトをご紹介してみます。
おとなの小論文教室。
「おとなの進路教室。」
つながることを諦めかけて、
気を取り直した矢先に手にとったため
乾いた喉をぐびぐびと鳴らしながら読みました。
稚拙な譬えで失礼しました。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 対人コミュニケーション
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。