スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敬語に喜びをこめる

2010-07-22

Tag : 屈託

野口恵子「バカ丁寧化する日本語」(光文社新書)
「バカ丁寧化する日本語」

正しい語を文法的に語るのではなく、
どうやって話せば気持ちをこめられるのか
著者の思考プロセスが見える
実践的な本でした。
日本語を外国語として学ぶ人たちへの
教え方にも、母国語を教える立場の責任と
学生の戸惑いに対する気遣いを感じます。
語使いには多少あった自負も
いつのまにかずいぶん錆びついていたらしく、
スクラップ&ビルドしてもらえました。
おすすめしたい本です。

今後、過剰語は
「控えさせていただきたいと思います」(p.34)
いや、ホントに控えたいと思います。

いくつもの指摘があったので、箇条書き風になってしまいますが
気になったところを残しておきたいので書いていきます。
少しは参考になるといいのですが。

「さ入れ」と「ら抜き」(p.51)
五段動詞に「さ」を入れて「語らさせてもらいます」といったり
五段動詞でもないのに「ら」を抜いて「見れる」といったりするのは、
日本語自体が変化していく時代の流れなのかもしれません。
インターネット上で公開されている大阪弁の謙語の作り方を見ると、すべての動詞を「さしてもらう」にすればよいと書いてある(「全国大阪弁普及協会」のウェブサイトより)。(p.54)
「先生の弁当は、私が作らさしてもらいます」(p.55)
といった用例をみると
そんな感じがします。

登場人物と話しかける相手への意を示すために使うもの、という
語本来の用途をがたがたにしているのは、
「お客様」の絶対敬語化(p.93)
待遇表現(p.91)
のギャップだと思いました。
この辺、実際やってます。
目の前にいない不特定の顧客を
「お客様」とまとめて言うようになったのは、
いつ頃からでしょう。
それは本来の敬意といえるのかな。
患者様」という表現を画一的に使うのは、
その方向に歪んだ完成形かもしれません。
マニュアル化された接遇が、
社会に出る前の学生に正しい敬語を教える
貴重な機会を奪ってます。
知っててわざと間違えてるわけじゃないのが
そら恐ろしいです。

政治家・ニュースキャスター・レポーターが使う
過剰敬語については実例が振るっていて、
そういう話し方をする人の顔が浮かびます。
「かつかつで生きていらっしゃるかたたちが途方に暮れられていました。
政府はいったい何をなさっているんですか」(p.108)
「お願いをもうしあげたいというふうに思います」
「ビジョンを民主党さんにもお出しをいただきたい」(p.122)
初めのうちはいやな表現だと思って聞いてても、
何度も聞くと違和感がまひしてるんだと判り、
自分にうんざりします。

「教科書、忘れてきちゃったんです。
貸してもらってもいいですか」(p.128)
先生にこう話しかけてきた学生は誰に頼んでる?
というのも、
近頃ありがちな遠回しの表現として
秀逸な例です。
著者同様「はい、どうぞ」とは言えますが、
「私はこれから使うんだから、
 他の人に見せてもらいなさい」と、
すぐには言えません。

「ご乗車できません」(p.162)
「乗車できません」(p.163)
は、どちらが正しいか。
公共交通のアナウンスは
かなり深刻な事態になってます。
おっかなびっくりで
丁寧語を重ねて使うことばかりになった結果、
語が日本語からどんどん姿を消しているのが
浮き彫りになった実例だと思います。

現代語の二方面への敬語(p.179)
があること、
ちゃんと分かってたかは自分で怪しいです。
状況と伝えたい気持ちの重なりを丁寧に考えて
表現を磨くと
うつくしい言葉づかいで表現したり教えたり
できるものなんですね。
気取って言葉を飾るのではなく、
語に気持ちをこめる」濃やかさとしなやかさが
失われてきたんだと思います。
かくいう私もすでに
磨き直せる自信がありません。

著者の嘆きと結論は
この辺りにあるような気がしました。
皆、優しくて、遠慮がちなのだ。
相手を不愉快にさせてはいけないと思っている。(pp.199-200)
びくびくしていると、
一歩下がった距離から相手に意を示すのが精一杯で
感謝・びを表す余裕がないんでしょうね。
このままでは皆んな、残念な日本人になってしまいそうで
他人のことはいえないくせに悲しいです。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。