スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気分で乗せられる議論

2011-01-29

飯田泰之「ダメな議論
 -論理思考で見抜く」(ちくま新書)

論理思考で見抜く
ロジカルシンキングをビジネスに応用、
というテーマの本を何冊か素通りしました。
頭のザルの編み目が粗いようで
あまり残ってるものがありません。
本格的な理トレーニングは必要だと思いました。
そのための本は途中返却してるので
またリトライしようと思います。

今回は主にメディア上の言説をとりあげて
いかに理的でないかを説明しようと試みた、
勢いのある本です。
あちこちのブログで書評があがってるので
あまり付け足すことはないのですが、
コンパクトに議論をまとめることの怖さを
改めて感じました。

タイトルだけで読ませるブログも増えてますね。
中身にあまりがっかりしてない自分に時々気づきます。
それくらいうまく乗せられてるってことでしょう。

経済学の議論は、そもそも言葉の定義が
理論的な立場によって違ったりしてます。
どの定義に基づいて論を展開しているかに
敏感になるのでしょう。
そのセンスがクリティカルな内容の検討に
役立ってるんだろうと思いました。
・・・基礎のない私には、
その指摘すら時々うさんくさく思えてしまいます。
ダメな議論に比べ
いかにダメじゃない議論が難しいかということなのでしょう。

あとはなんといってもコールドリーディングの技法の魅惑です。
背景にある「ふんいき」に近い心理を読んで
違和感のない論を展開し、
ここちよく納得させてしまう技術が広まってるようです。
政治家や経済ジャーナリストがそれを使うのは
商売だからしかたないですが、
学者が使っちゃ、自ら存在を否定してることになるのでは。
その辺りをばっさり切る著者の論調は心地よいです。
こっちも切られる小気味よさがあるので
読んでみてよかったと思います。
あとはトラックバックできた書評へのお礼と紹介です。
書評 - ダメな議論
 →「議の先にあるもの」を私も期待したいと思います。
歯切れの悪い「ダメな議論」
 →ダメ出しにダメ出しされてます。議を呼びますね。
「ダメな議論」の典型
 →典型の解説がいい感じです。
  循環参照、というまとめがExcelっぽくていいなぁ
「ダメな議論」を読む
 →書いてみようと思ったことがきっちり書かれてました。
ダメな議論―論理思考で見抜く
こちらも一見もっともらしいダメ議論をあえて展開し、相手を言いくるめるという高等テクニックも社会で平和に生きていくうえでは必要です。
 →だまされるだけでは割が合いませんが、
  平和というよりは戦闘的な気がします。
  過剰防衛にならない塩梅が難しいような・・・
Argument: ダメな議論
 →「日本の借金」については別の本も借りたので
  改めて検討したいと思います。
ダメな議論(c)飯田先生(追記あり)
 →食糧自給率についても
  論点整理をしてみたいなあと思います。
ダメな議論―論理思考で見抜く (ちくま新書)
 →自然科学では当たり前、だそうです。
飯田泰之『ダメな議論―論理思考で見抜く』
 →論理的な本をなんとなく理解してるスタンスに
  同じ匂いを感じました。

混んだ電車では携帯で四川省やる位しか
スペースの余裕がないですが、
もっともっと濃い本を立て続けに読む
体力と余裕が欲しいこの頃です。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。