スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の近くにもありました!

2006-04-18

Tag : 小ネタ

日本にひとつしかない「復刻版モスバーガー店舗」に行ってみる | Excite エキサイト : ニュース
笑顔で1万円

モスバーガーは今でこそ、環境と健康に配慮した存在で、
アメリカ産のジャンクフードとは一線を画しているみたいですが、
できた当初は、正に町のハンバーガー屋さんでした。
業務用のケチャップ(?のような)の上にタマネギが細切れにのっていて、
ほっとするご近所のがしました。
フィッシュバーガーにはほぼ必ず小骨が入っていて、
フライドポテトは粉っぽい舌触りでした。
そのうさんくささは好き嫌いの問題で割り切れるようなものではなく、
選択の余地のないわが町唯一のハンバーガーショップでした。

嫌いじゃないにしてもしかたない。他にないしぃ。
かろうじて東京に属しますが、
お世辞にも場末としか言えない我が家の近くには、
当然のごとくマクドナルドはなく
(今じゃ、町内に4軒もあり、やや多すぎますが)、
部活帰りの腹減らしでも町のコロッケ屋さんよりはずっと高級で
アメリカの香りがするややB級の高級品でした。

てりやきバーガーに関してはちょっと別格でした。
洋風の食べ物に無理やり和風を組み合わせて出しているようで、
何だかうさんくさいような気もしましたが、
仲間にも口外しないままで実は好きでした。
レタスからしたたるてりやきソースをこぼさないように気をつけて食べてました。
小遣いをはたいて買わないと滅多にたべられないので、
その分も真剣にぱくついていました。

振り返ると昭和52年位のことになるでしょうか。
この記事によると1号店は1972年とのことですから、
それから約5年後ということになります。
汐留まで食べに行ったらやっぱりかしいなのかなあ。
もし試したらまた書き込みますね。ちょっと年寄りくさいけど。
何卒ご勘弁を。
よかったらFC2 Blog Rankingポチッとお願いします

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ファースト フード
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。