スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタマすっきり。

2007-12-08

山本貴光+吉川浩満「心脳問題―「脳の世紀」を生き抜く」朝日出版社

心脳問題―「脳の世紀」を生き抜く

いい本に出会いました。
の働きに関する疑問をすべからく脳に帰する
安易な解説の流布について、
丁寧にかつ軽妙に
批判的に検討・解説されてます。
読み進むほどにアタマすっきり。
哲学を専門としていないからこそ整理して語れる、
そんな強みと感性を感じました。
科学の研究史概観、
伝統哲学における問題の整理、
社会の文脈抜きに考えては
科学と政治(コントロールのための制度)の関係と方向性を
見失うことへの警鐘、
コンパクトにまとめて述べられてます。

大森荘蔵、デカルト、フーコー、ギルバート・ライルらの提起や主張が
分かりやすく伝わってきました。
スピノザとベルグソンを丁寧に読んでみようかと思いました。

続編を是非読みたいなぁ。
もともと哲学の劇場というサイトに端を発した書物だということなので、
そちらにもお邪魔してみて頭を調えつつ、
最近になく真面目に思索を深めてみたいと思いました。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。