スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲作の前にも「文化」はあったのか?

2008-02-10

Tag : もぞもぞ

佐々木高明「照葉樹林文化とは何か」中公新書
照葉樹林文化とは何か

ツバキ、サカキ、ヒイラギなど神事にも用いられる
葉っぱが厚くてテカテカしてる樹木を、
照葉樹というんだそうです。

照葉樹の森が生い茂っている地域、
東アジアの少数民族の暮らしぶりを調査すると、
・焼畑農耕による雑穀・根菜中心の栽培文化
・モチ・チマキを食する習慣(蒸かす、搗く道具)
・ナレズシ・ナットウ・麹酒など発酵食品の広がり
・養蚕・漆器・竹細工
など、
稲作による生活が文化として確立する
前からある、
こんもりと繁った豊かな森と暮らす
日本古来の文化の独自性とルーツを
裏付けてくれる結果が、
民俗学的な調査からも得られるんだそうです。
1960年代から調査研究されていたということも
この本を読むまで知りませんでした。
日本文化の豊かさについて
新たな視点から発想を広げる手がかりになるかと期待して読みましたが、
批判にさらされ
論説の独自性とその立証に躍起になって研究されてきたせいもあるのか、
読後感としては、
この分野の研究者と話す機会があったとしても
説の異同や整合性に気をとられてしまい
あまり楽しい話にならないかもしれない、
という気がしました。

他に読みたい本もあり、
借り物はなるべく早くリリースしないと悪いですから
第三部の討論を読み残して返却します。

またこの森に還って来て遊ぶことができるか、
今は自信ないっす。
期待が大き過ぎたせいでしょう、
しかたありませんね。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

アクセスどうも

プロフィール

ito.tamuro

Author:ito.tamuro
生きてるだけで
気恥ずかしいのは
歳が増えても
抜けません

おもちゃ箱

点取り占いブログパーツ

助かる~リンク

わりと新しい記事

すこし新しいコメント

これでも新しいトラックバック

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。